韓「グリーン・ニューディール」…水素車・電気車の普及を促進


  • 水素車と電気車の普及計画


2年後に終わる予定だった電気自動車の補助金が2025年まで延長される。 2022年からは旅客・貨物輸送などの事業用水素自動車に対する燃料補助金も支給される。文在寅(ムン・ヂェイン)大統領が宣言した「韓国型ニューディール」の中から73兆ウォンが投入される「グリーン・ニューディール」のスケッチだ。政府の補助金支援に対する販売会社の義務事項として、今年から施行された義務販売比率(普及目標制)は「排出権」のように、企業間の取引が可能なように修正されて企業の負担も軽減する。

趙明来(チョ・ミョンレ)環境部長官と成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官は16日、政府世宗庁舎で開かれた政府合同ブリーフィングで「グリーン・ニューディール」の詳細な計画を発表した。「環境保護と成長」という二つの相反する価値を盛り込んだグリーン・ニューディールの象徴性を、環境部と産業部が共同発表するという意味を込めた。

チョ・ミョンレ長官は「普及した親環境(環境に優しい)車は総24万台だが年間26万台を追加で供給し、2025年までに133万台を達成する予定」だとし、「補助金政策を強化して、未来車の普及目標制を効率的に推進して速度を出す」と述べた。環境部と産業部は、△グリーンスマートスクール、△スマートグリーン産業団地、△グリーンリモデリング、△グリーンエネルギー、△親環境未来モビリティなどのグリーン・ニューディール5大課題を発表した。環境に配慮した未来モビリティには13兆1000億ウォンが投資される。

グリーン・ニューディールの中核事業の一つである「電気自動車普及の時代」のために、2022年までに未来車に対する補助金予算は4兆5000億ウォンが追加される。電気自動車の補助金は今年を基点に徐々に減り、2022年には終了する予定だったが、電気自動車の需要増大のために3年延長し、「グリーン・ニューディール」期間まで実施することにした。乗用車は2024年まで、電気バス・電気貨物車は2025年まで補助金が支給される。水素貨物車については来年に初めて購入補助金がモデル事業として投入される。水素車の車種に関係なく、2025年までに補助金が支給される。

電気自動車の購入補助金の期間が延長されること応じて、補助金の縮小速度もやや緩やかになるものと期待される。昨年の電気自動車の補助金は最大で900万ウォンだったが、今年は820万ウォンに縮小された。来年も700万ウォン以上に維持されると予想される。

現在、自動車会社に低公害車を一定の割合販売するように義務付けた「低公害車普及目標制」が施行されている。今年は販売量の15%が目標だ。

しかし政府は、一方的な販売義務が企業に負担を与えることがありうることから、目標量を満たした残りの量は、炭素排出権のように他の企業と取引きすることができる「クレジット制度」を実施することにした。

環境部の関係者は、「クレジット制を導入して電気自動車充電所設置などと連携した後、目標を達成することができるようにして、排出権のように他の企業と取引きができるようにして、企業の負担を軽減する計画だ」と語った。政府の計画通りに2025年までに電気・水素車133万台が普及すると、販売される自動車5台のうち1台(販売比率18.9%)は環境に配慮した車になる。

政府は今回のグリーン・ニューディール計画を発表し、環境団体が強く要求した「ネットゼロ」(温室効果ガスの排出量と除去量が相殺され、純排出量が0になるカーボンニュートラル状態)の目標値を具体的に提示しなかった。炭素の減少は将来の世代のために正しい方向だが、あまりにも急いで推進すると企業の負担が増加して、これによって雇用が減少することを憂慮しているようだ。グリーン・ニューディールがこれまでの環境・気候政策とは異なる「成長」制作であることを強調したものだ。

グリーン・ニューディール政策によって削減される温室効果ガスは1299万トンだ。2025年の国家温室効果ガス削減目標量の20.1%水準だ。産業部門の削減寄与度が目標量の3.8倍程度で最も大きい。

2025年までに推進されるグリーン・ニューディールは総74兆4000億ウォンが投資される。政府は65万9000万に達する雇用が創出されるものと期待している。
  • 毎日経済_キム・ヨンジュ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-07-16 18:05:15