韓国の鉄鋼企業「現金買いだめ」に走る

コロナ長期化に備えて 

  • 主要鉄鋼企業の現金および現金性資産


「コロナ19」の余波で不確実性が大きくなったことから、各鉄鋼メーカーは現金を貯めている。 18日の鉄鋼業界によるとポスコと現代製鉄、セア製鋼、セアベスチルなどは、今年に入って保有している現金および現金性資産が大規模に増えた。

鉄鋼業界では長兄格であるポスコは今年の半期報告書を通じて、6月末時点で現金および現金性資産6兆382億ウォンを保有しているとした。これは昨年6月末の2兆5532億ウォンより3兆4850億ウォン増えたものだ。ポスコの関係者は、「相対的に金利が低いと判断し、債券発行を通じた外部借入で先制的に資金を調達した」と説明した。

現代製鉄も1年のあいだに資金7618億ウォンを追加で調達して、現金と現金性資産1兆5656億ウォン(今年6月末基準)を確保した。現代製鉄の関係者は、「コロナ19の余波による景気の不確実性に対応するために、先制的に流動性を確保した」とし、「景気回復の遅れとコロナ19の再拡散の可能性にそなえて在庫と新規投資を縮小するなど、安定した流動性管理に集中している」と説明した。セア製鋼とセアベスチルも今年6月末の時点でそれぞれ459億ウォンと1766億ウォンの現金と現金性資産を保有しており、昨年6月よりもそれぞれ223億ウォンと1519億ウォン増加した。

偶然にもポスコと現代製鉄、セア製鋼、セアベスチルなどは今年に入ってコロナ19の余波で年上半期よりも営業利益が急激に減っており、低調な実績を記録した。コロナ19事態が長期化することに備えて流動性を最大限に確保して、キャッシュフローに問題がないように資金を蓄えたものと分析される。低金利で利子負担が減った側面も影響を及ぼしたものと見られる。

コロナ19の衝撃で主要鉄鋼メーカーは実績の低下を記録するなかで、唯一でセーブした東国製鋼は現金と現金性資産がむしろ減少した。東国製鋼が今年の半期報告書で明らかにした現金および現金性資産は3345億ウォンで、昨年6月(4772億ウォン)よりもむしろ減少した。東国製鋼の関係者は、「上半期の営業利益が昨年よりも増えており、キャッシュフローは非常に良い方」だとし、「現金を内部に積み上げておくよりも借入金の返済と負債比率の縮小に努力している」と説明した。
  • 毎日経済_ソ・ドンチョル記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-09-18 19:37:37