アセアン市場、開かれる…韓国自動産業「最大受恵」



  • 15日、青瓦台本館でのビデオ会議で、域内包括的経済連携協定(RCEP)首脳会議と協定署名式が行われた。ムン・ジェイン大統領(左から二人目)とユ・ミョンフイ通商交渉本部長(左から三人目)などが、菅義偉日本首相(画面左上)が署名式の進行を開始すると拍手祝っている。 [イ・チュンウ記者]


15日、世界最大の自由貿易協定(FTA)である域内包括的経済連携協定(RCEP)が発足し、韓国企業が海外市場で新たな機会をつかむだろうという期待感も高まった。韓国は自動車・鉄鋼などでアセアン市場の主要輸出品目に対する敷居を下げながらも、米やニンニクなどの問題となりやすい国産農産物に対する保護幕は守ったという評価を受ける。

本格的な実施は早ければ来年の下半期から可能になる見込みだ。今回の署名後、RCEPは国ごとに国会批准による同意手続きなどを踏まなければならない。国内では閣議を経て大統領裁可の後に、国会批准による同意の手続きを踏む。

政府関係者は、「実務交渉まで終えただけに、通常は1年から1年半以内に批准手続きが完了するものと見られる」と説明した。よしんば一部の国で批准が失敗に終わっても、今回の協約が「開店休業」になることはない見込みだ。事前協議にしたがって、アセアン10カ国のうち6カ国は「5カ国のうち3カ所以上が批准を完了」すると60日後に自動的に効力が発効されるからだ。

RCEPを通じてわが国はアセアン市場での自動車・鉄鋼など、国産主力輸出品に対する規制の敷居を下げることに成功した。貨物自動車と乗用車はアセアン市場ではそれぞれ最大で40%と30%以上の高い関税を賦課されていたが、今後は段階的に0%に減る。

完成車だけでなく、自動車用エンジンや安全ベルト、エアバッグなどの自動車部品も10~30%を賦課されている関税の敷居が消える。

完成車・部品業界では東南アジア地域の関税引き下げへの期待感とともに、中国・日本のメーカーとの競争激化の緊張感も流れ出た。自動車業界の関係者は、「東南アジアの主要国が完成車と部品に対する高い関税を課してきただけに、新たな市場開拓への期待感がある」とし、「価格面では現地の企業に押されて、品質の面では中国と日本企業との競争の必要があるため、国内メーカーが現地化戦略を準備しなければならない」と診断した。

鉄鋼製品もASEANと日本市場への進出がいっそう容易になった。鉄で作った鋼管は現行の20%賦課を受けた関税が消えて、メッキ鋼板と棒鋼・形鋼製品もハードルがなくなる。鉄鋼協会によると昨年、韓国の対RCEP国の輸出は129億ドルで輸出全体の47.8%を占め、輸入は120億ドルで全体の81.8%に達した。

特に今回のRCEPは、日本との最初のFTAという点でも意義が大きい。韓国は今回の日本とのFTAで、世界の経済大国上位5つの国である米国、中国、日本、ドイツ、インドとすべてでFTAを締結することになる。政府は日本と摩擦となりやすい部分は避けながらも、比較的利得を取ったという立場だ。両国の撤廃レベルは、品目数は83%で同じだ。ただし輸入額で計算すれば日本が78%で、わが国と比較して2%ポイントほどさらに多くの関税を撤廃した。またわが国は開放品の場合、10~20年の間に長期的に関税を下げたり、段階的に削減する非線形撤廃方式を活用して、国内産業の被害を最小限に抑えるた。

域内でのFTA議論のたびに最大の争点になった国内の主要農水産物に対する開放論議は、今度は避けることができることになった。農産物はトロピカルフルーツなどの関税が撤廃されたが、主要作物である米・ニンニク・タマネギなどは守ったし、水産物は鯛・ホタテなどの現行関税を維持した。むしろ焼酎・マッコリは日本の輸出関税を引き下げて、アセアン地域の海苔関税を撤廃するなど、海外での輸出拡大の足場を整えたという評価だ。

ただし一部のトロピカルフルーツや水産物の付加的な市場開放が行われるだけに、正確な影響を把握して農漁民の被害保全対策も必要な状況だ。

ASEAN諸国からチェダーチーズやキウイなどの4品目は輸入関税を即時撤廃する。アセアントロピカルフルーツ(グァバ・ドリアン・マンゴスチン・パパイヤなど)などの関税は10年後に撤廃することにした。農食品部のイ・サンマン国際協力局長は、「米やリンゴのような敏感品目は(条約)相手国が14カ所にもなるので開放されると被害が大きくなることがあるだけに、できるだけ開放しないために努力した」と説明した。

大韓商工会議所は、「域内の15カ国間の単一原産地基準を導入し、韓・アセアンFTAには無かった電子商取引章を導入して、安定した取引き環境を造成することによって国際規範の先進化を図るものと思える」と評した。
  • 毎日経済_オ・チャンジョン記者/パク・チェヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-11-15 19:57:16