SKグループの崔会長、中国江蘇省の名誉市民に



崔泰源(チェ・テウォン)SK会長(写真)は地域経済の発展に寄与した功労を認められ、中国の江蘇省から「名誉市民」を授けられた。

SKグループによると5日、崔会長は去る4日(現地時間)に中国江蘇省の娄勤俭(ロウチンジェン)党書記から市民権を獲得した。

この日の授与式は「コロナ19」状況によって、映像で行われた。崔会長はSKハイニックスの無錫半導体工場とSKイノベーション常州市バッテリー工場など、江蘇省に進出したSKグループの系列会社が現地の経済活性化に寄与している点を認められて名誉市民になった。

崔会長は「SKグループを支援してくれた江蘇省に感謝申し上げる」とし、「江蘇省の名誉市民称号を得ることになって光栄だ」と語った。江蘇省の名誉市民は、江蘇省の経済発展に寄与した外国人に与えられる。
  • 毎日経済 チェ・グンド記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-02-05 19:02:35