韓国ピンス(かき氷)はもはやアート! 映える芸術的ビジュアルピンス2021年版


韓国ピンスは度肝を抜かれるビジュアルと斬新な発想で毎年私達を楽しませてくれます。本格的なピンス(かき氷)シーズンが到来し、各店舗の創意工夫をこらしたピンスをピックアップしました。


1. とうもろこしピンス



韓国のカフェチェーン店「A TWOSOME PLACE」のとうもろこしピンス。キャラメルポップコーン、とうもろこしのアイス、中には味付けされた本物のとうもろこしが入っています。甘しょっぱいピンス。(@midnightinnavy)

2. トルハルバンピンス



盆栽かと思うほどリアルに作られた済州島のシンボル「トルハルバン」が佇むピンス。黒ゴマベースでトルハルバンは緑茶アイスでできています。岩のように見えるものはパン。ソウル狎鴎亭にあるジョンシクカフェというところで食べられます。(@jungsikcafe_)

3. ジャジャンミョンピンス



テグにあるスウィートエンドではジャージャー麺と間違えるくらいリアルなピンスに出会えます。麺の部分はバニラアイスでジャジャンの部分はあんこがトッピングされています。(@_sweet_and_)

4. 鯛ピンス



済州島の「スクバス」というカフェで食べられる鯛ピンス。ビジュアルは迫力がありますが、味の方はきなこ、あんこ、練乳などで食べる正統派なピンスです。(@scuba.cafe)

5. 石ピンス



石の器にもられた風情と感じられる美しいビジュアルのピンス。上にのっている石は黒ゴマのアイスクリームで、その下にはアーモンドがトッピングされています。(@lepetitfour_paris)

6. じゃがいもピンス



じゃがいもシャーベット、きな粉クリーム、黒ゴマソース、じゃがいもチップがトッピングされた健康的な味のピンス。フレンチレストラン「メゾン・ド・ラ・カテゴリー」では他にもも、とうもろおし、ピーナッツのピンスが楽しめます。(@maison_de_la_categorie)

韓国のビジュアルピンス特集いかがでしたでしょうか?美しい盛り付けと大胆な発想が魅力的な韓国本場のピンスを紹介しました。
  • もっと! コリア コンテンツ部
  • 入力 2021-07-16 17:26:00