韓国の家族ピクニック!無人島でデイキャンプ


とにかくキャンプが大好き


  • もっと! コリア

韓国ではもともとキャンプが好きな人が多いのですが、最近は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、以前にも増してキャンプが人気です。この日訪れたのは、慶尚南道(キョンサンナムド)昌原市(チャンウォン市)鎮海(チネ)にあるソクリ島という無人島で、たくさんのキャンプ客で賑わっていました。人は住んでいませんが、管理人さんがいます。金曜日の夜に来て日曜日まで滞在する人も多いそうです。いとこと二人で行く予定だったのですが、ホン先生のご両親も一緒に行きたい!となり、家族ピクニックになりました。

ソクリ島への行き方


  • もっと! コリア

ソクリ島へは行き方は二通りあり、船に乗っていく方法とジップラインで行く方法があります。海の上をジップラインで移動するなんて気持ちよさそうですよね。ジップラインは行きだけなので、帰りは船になります。船の料金は一人往復6千ウォン。10分くらいで到着します。

自由に場所取り、そしてサムギョプサルを食べる


自分の好きなところに場所をとって大丈夫です。お腹が空いていたので早々と場所を決め、ごはんの準備を始めました。キャンプと言えば、サムギョプサルなんだそう。サンチュで包んで食べます。そして韓国ではお肉を焼くのは男性の役割というイメージがあって、この日もお父さんがひたすらお肉を焼いていました。
  • もっと! コリア


  • もっと! コリア



島の反対側へ行くと、、


とりあえず、お腹を満たしたら島を散策。売店の横にある道を上って下りると島の反対側に出ます。キャンプ場は芝生になっていましたが、こちらは砂利になっていて、常連さんなのか、こちら側にテントを張っている人もいました。水がとてもきれいで透明です。
  • もっと! コリア


  • もっと! コリア



売店の品ぞろえをチェック


  • もっと! コリア

売店ではカップラーメン、アイスクリーム、シッケ、お酒、水、お菓子などを販売しています。食後のデザートにアイスクリームを購入しました。

自然の中でのんびりと過ごす


  • もっと! コリア

各自のんびりと時間を過ごして、帰りの船に乗って帰りました。

韓国のデイキャンプいかがでしたでしょうか?

日常のいろいろなストレスから解放され、自然の中で一日過ごしたら心がリフレッシュされそうですね。

より詳しい内容や雰囲気は動画からご覧ください。
  • もっと! コリア コンテンツ部
  • 入力 2021-07-22 11:11:11