13回目の済州島。そして今日から二人旅(3日目)


3日目は旦那と合流。空港でピックアップして島の東から西へ移動。洗練されたおしゃれなレストランとカフェが集まるエウォル(涯月)へ。

2021年7月21日


ホテルに来たんだから一食ぐらいはホテルで食べておこうか。旅行に行くと、食べたいものが多いから朝ご飯はあまり食べない方だが、済州島に関してはよく来るのでもうその段階を超えた。朝食を食べてチェックアウトをし、他のホテルに移動する日だ。最後にプールに入って余裕を楽しみ、体を洗って荷物をまとめた。よく食べて、よく遊び、よく休んだ。ヘビチホテル、アンニョン。

大邱から済州島にくる旦那をピックアップするために島の東側から出発し空港に向かって、そのまま西側へ移動するスケジュールだ。東側は閑静で済州島らしい雰囲気が強い一方で、西側は少し若い観光客が多いので、異国的な雰囲気や雰囲気のいいレストランやカフェが多い気がする。もちろんこれは私の主観的な感覚だ。

  • もっと! コリア

今日の昼食は「ノラバシーフードラーメン」だ。シーフードラーメン1つ、タコラーメン1つ、思い出の弁当1つを注文し、運転手(旦那)が来たので当然ビール一本を注文した。一階の室内席を利用できる建物が二つあり、建物と建物の間には芝生になった空間でテーブル席で食べられる場所がある。そのうち片方の建物には、上に上がるとルーフトップになっていてオーシャンビューを楽しめる席が用意されている。もともとルーフトップが一番人気の席だが、暑さのせいで皆室内の席を選んでいる。ルーフトップにはほとんど人がいなかった。私はもともと蒸し死んでも屋外のテラス席が好きなので、待ち時間なくルーフトップへ。ラーメンを一口食べ、顔を上げれば目の前に広がるエウォル(涯月)のオーシャンビュー。美味しくないものを食べても美味しくなるしかない魔法だ。もちろんラーメンが美味しくないという事ではない。ただ、シーフードラーメンよりタコラーメンの方が海産物の味が濃くおいしかった。まあ、通常のシーフードラーメンにタコの足が4つ追加されているのだから当たり前だ。それぞれのラーメンと弁当とビールを飲んで、パンポポグ(板浦浦口)に泳ぎにいくことにした。

済州島には何回も来ているがパンポポグははじめてだ。インスタグラムの写真を見てすごく綺麗だったので期待していたのだが、期待が大きすぎたのか、夏休みで人が多いからなのか、写真より水は綺麗ではなく、海に入りたい気持ちが消えてしまい、10分程度水に入って他の場所へ行くことにした。暑さを冷やすために冷たいコーヒーでも一杯できるところ「クムヌン半地下」というカフェへ移動。

■クムヌン半地下の記事

半地下住宅がカフェに変身するというのは本当ですか?

  • もっと! コリア


  • もっと! コリア

今回の旅行では本当に休む間もなくオーシャンビューを訪ねている気がする。晴天に明るく輝くパノラマの海は見ているだけでも言葉で表現できないくらい良かった。旦那はコーヒー一杯、私はいつも通りビール一杯。それからフライドポテトを注文した。ここは以前にも来たことがあるが、私がお気に入りのカフェだ。静かな海辺の村に佇み、観光客で込み合っていないところがいい。また、システム化されていない自由な雰囲気が良く、夜になるとさらに美しい場所だ。

日差しは強いが風が吹き、地上の楽園とは他にはないだろう。何の心配もなく、宛てもなく、やらなければならないこともない。遊んでいるという事がこの上なく幸せだった。済州島の西側は夕日がとても綺麗だ。今日の夕飯は夕日を見ながら黒豚のオギョプサルを食べることに決めた。観光客の多い時期ではあるが、この時コロナ対策で社会的距離3段階にレベルが上がり、思っていたより待ち時間は少なくて済んだ。

  • もっと! コリア


  • もっと! コリア

夕飯は「ハカルビ」という店。

波の音と肉を焼く音が合わさってなんとも芸術的。肉は3段になったアフタヌーンティーのトレイにのせて出された。インスタ映えを完全に意識した演出。この店の社長は何か知ってる方のようだ。そしてお酒はどんどん入っていく。

正直、肉はそこまでおいしいと言う訳ではないが、ビューが素晴らしいので肉の味が少し落ちてもお客さんで込み合っている。しかし、多くの人がそうであるように、一度だけ行って満足して終わってしまう。やはりレストランは味が大事だ。辛口評価としては肉の味は5点満点中2.5点といったところだった。ビューは5点満点で10点だ。エウォル(涯月)の海辺を散歩しながら、今日一日も幸せだった。さぁ、明日はヘニョ(海女)体験だ。


3日目の訪問場所



노라바 해물라면(ノラバシーフードラーメン)
판포포구(パンポポグ)
금능반지하(クムヌン半地下)
하갈비(ハカルビ)
  • もっと! コリア コンテンツ部
  • 入力 2021-08-12 15:50:00