イセンチプマン:이생집망

답변게시판
解説 ハングル:이생집망

ハングル発音:イセンチプマン

意味:今生で家を買うことは失敗した

解説:

「今生で家を買うことは失敗した」の略語。「イセンマン(今生は滅びた)」に比べて滅びた範囲が狭いが嘆く人は多い。

経済正義実践市民連合が2020年5月基準で発表したソウルの住宅価格だ。
「30代の会社員人の中位所得が月286万ウォン(2018年)で計算すれば、一銭も使わずに38年間貯めなければ暮らせない金額だ。

もちろん、給与引き上げ分をはるかに上回る上昇傾向が続かないという前提の下でだ。
だから「イセンチプマン」という言葉が出るのも当然だろう。

「ソウルの住宅価格は滑稽なことに、不動産価格を安定させる」という公約を立て、こまめに実践に移そうとする進歩政党の政権発足時には、跳ね上がる傾向を見せている。ノ・ムヒョン政府時代には56.6%上昇、イ・ミョンバク在任中は3.2%下落、ムン・ジェイン政府に入って3年間53%上昇した。

進歩政党が間違ったせいだろうか?

家のない悲しみを切実に感じる人々は「無能な文科出身のアマチュア政治家、官僚のせいで人生は失敗した」と嘆くが、専門家の解釈は少し違う。

進歩政党の政権獲得後、政治、経済が安定的な雰囲気に変わり、潜伏していた上昇要因が現実化したという分析が支配的だ。もしかしたら、保守既得権勢力が政権の座についた進歩政治家たちを懲らしめようと、土地投機やマンション投機に力を合わせたのかもしれない。

だからといってあまり悲観する必要はない。
人生がむしろよかったことになるかもしれないからだ。

住宅を一軒持つ多くの中産層がお金をお尻に敷いて、食べることも使うこともできない間に人生を楽しんでください。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-03-18 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄