ティキタカ:티키타카

답변게시판
解説 ハングル:티키타카

ハングル発音:ティキタカ

意味:相性がいい

解説:

「相性(クンチャク、쿵짝)がいい」という意味。短いパスを素早く交わして敵陣を乱すサッカー戦術から由来している。

ティキタカとクンチャク。

全然、違って見えるが、意外に共通点が多い。
まず、2つとも楽器と関連がある。

ティキタカは幼児用の玩具Clackerから由来している。ボールがぶつかるとカチカチ(tiqui-taka)と音がすると、スペインでは最初から「tiqui-taka」と呼ばれている。

クンチャクとは、太鼓、チャング、ジン、ドラムがリズムを合わせて強く出す音のことを言う。
音が聞こえると「クンチャククンチャク」と表現する。

華やかにパスをやりとりする戦術に、ティキタカという名前がついたのも同じだ。
選手同士の息が合ってこそ、ボールを奪われずに敵の陣営でボール遊びができる。

  • https://www.youtube.com/watch?v=gPH11F5ezuQ&t=4s



練習を重ねていくと目で見なくても味方の選手がどの辺にいるかを察しボールを渡せるはずだ。

日常でも同じだ。

いつも一緒にいる友達なら目を見ただけでどんな考えを持っているか分かる。
一言聞いただけで何を言おうとしているのかすぐに気づく。
2人同時に同じ言葉を言って笑ったりする時もある。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-10-27 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄