コロナブルレク:코로나 블랙

답변게시판
解説 ハングル:코로나 블랙

ハングル発音:コロナブルレク

意味:新型コロナウイルスで生きていくことすべてが暗澹だと感じる人たちの心理状態

解説:

新型コロナウイルスで生きていくことすべてが暗澹だと感じる人たちの心理状態。

新型コロナウイルスが変異を繰り返すうちに人々の情緒はますます地獄へ向かっていく。
ブルーからレッド、ブラックに進んでいくのだ。

新型コロナウイルスが広がり始めた初期、マスクを強制(?)的につけて家の外への出入りが制限され始めた時は、ただ憂鬱で、たまに無気力になる程度だっただろう。これがブルーの症状だ。

家に引きこもる期間が長くなり社会的距離の確保のために毎年行われていた同窓会、郷友会、釣り大会、そして結婚式もできなくなり人々は徐々に不安になってきた。

新型コロナウイルスに感染して人が死んだのに弔問客もあまりいないまま、静まりかえった葬式を行いながら感情は激しくなった。誰かに叫びたい怒りが沸き上がる。

レッド段階に入ったのだ。

年末を知人と一緒に過ごすのも難しくなった。ワクチンが信頼できず接種していない人は年末年始を1人で食事をしながら送らなければならない。

スプーンを持っているが、食欲は全然ない。ただ生きるために食べ物をのどに流すだけだ。もう疲れて諦めたいという思いだけだ。

万物の霊長だと、がんも克服する世の中だと大口をたたいていた人類が、無気力にウイルスに侵奪される現実に絶望するだけだ。

科学も無駄だったという絶望感。

ブルーからレッドを経てブラックに達すると生きていくことすべてが真っ暗になる。

幸いなのはブラックは、まだすべての人に訪れたわけではない。高齢者、障害者、そして新型コロナウイルスで絶望的な打撃を受けた自営業者が経験している症状だ。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-12-22 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄