ティシュインメク:티슈인맥

답변게시판
解説 ハングル:티슈인맥

ハングル発音:ティシュインメク

意味:一度使って捨てるティッシュのように必要な時だけ関係を結び必要でなければ未練なく捨てる1回性の関係

解説:

ティッシュ(tissue、티슈) + インメク(人脈、인맥)の合成語。一度使って捨てるティッシュのように必要な時だけ関係を結び必要でなければ未練なく捨てる1回性の関係を意味する言葉。

学縁、地縁、血縁
出世、いや社会で冷遇を受けないためには、この3つの人脈の中の1つは必ず必要だと言われる。
このような縁が固いと強い力になる。

3つのうち1つもない人は粘り強くお金を貯めて無理にでも縁を作ろうとする。ソウル大学や延世(ヨンセ)大学、高麗(コリョ)大学など韓国の名門大学で運営する最高経営者過程に高額を払って登録する事業家たちが溢れている理由だ。

オフライン時代の話だって?
そんなことない。
オンライン時代でも変わらない。
ある意味では、意味が強調されるだろう。

SNSで友達探しに登録された友達、インスタグラムやYouTubeのフォロワー数が自分の存在価値を高めるかのように、ここでは社会で数字を増やす一人一人が大切だろう。

そうしてアカウントを削除してしまうと彼らは自分と何の関係もない存在になってしまう。
いや、友達として存在もしなかった人たちになる。
ただの数字に過ぎない。

オフライン時代にもティシュインメクはありふれていた。
仕事で会った人は仕事が終わると名前さえ思い浮かばなくなる。

どちらか一方が関心を持っても他方が使い捨てたティッシュとして扱えば、お互い擦れ違う間柄になってしまう。
  • Lim, Chul
  • 入力 2022-01-14 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄