BMW族:BMW족

답변게시판
解説 ハングル:BMW족

ハングル発音:BMWジョク

解説:革靴屋さんを破産させ、スニーカーを売るお店を笑わせる種族だ。

ソウル市の江南から盆唐まで毎日自転車で通勤していた真面目な会社員がいたが、仕事が非常に上手で高速で出世し役員に昇進した。引き続き自転車で通勤をしたくても早朝から会議が続くうえ、汗臭い服装で重役会議にも出席することもできず、最近では車を運転して通勤している。昇進したのはいいが自転車に乗ってソウルの街を通り過ぎていた頃が懐かしいはずだ。

バス(BUS)と地下鉄(Metro)に乗り、短い距離は歩いて(Walk)移動する、いわゆるBMW族が登場したのは2000年代半ば頃だ。ガソリンの値段はいまだ高いものの最近のBMW族には時間を節約するために運動することを兼ねて歩いたり、二酸化炭素の排出量を削減することに一役買うからと環境を守りたい人が多く参加しているようだ。そのせいか、BMWのBはBUSではなく、Bicycleに置き換えられている感じも受ける。

BMW族の中には仕事帰りに会社から家まで走っていく人すらいる。このような人は別途運動する必要がない。

BMW族が増えて、服や靴、自転車にも関連商品が増える傾向にある。一部の企業はBMW族の社員たちのために会社内にシャワー施設を作ったりもしている。
  • Lim, Chul
  • 入力 2014-06-26 17:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄