ヒョンシチャン:현시창

답변게시판
解説 ハングル:현시창

ハングル発音:ヒョンシチャン

解説:ヒョンシチャン(현시창)とは「夢は高いが現実はドブ(꿈은 높은데 현실은 시궁창、クムン ノップンデ ヒョンシルン シグンチャン)」の略語。代表的なヒョンシチャンの例を見てみよう。

2012年のある日、中学2年生の時から不良サークルを作ってリーダーとして君臨していたA君は、暴力団の予行練習をした。黒いスーツを着てサングラスをかけた姿で高級車に乗る姿、暴力団の中間のリーダーにさえなれれば、その夢はかないそうだった。

群れをなして連れ立っていたA君は、後輩や同級生のお金を恐喝し、道行く人たちも恐怖に震えた。結局、少年院に行った彼は暴力組織に下部組織員として加入する。夢見ていた暴力団の一員となった彼は先輩に180度挨拶して懐に凶器を持って過ごしたが、彼の生活はTVドラマとはずいぶん違っていた。

不法ゲーム場の従業員として仕事をしても賃金がきちんと与えられず、組織の屋台で商売をしても販売代金を横取りされた。黒のスーツも高級車も高嶺の花だった。自分がドブに落ちたと感じた彼は組織から逃げて隠れて過ごしたが、結局、学校暴力の取り締まりに引っかかり刑務所に入れられた。

ヒョンシチャンという言葉は、米国の白人ラッパー、エミネムが主演を引き受けたミュージカル「8 Mile」に由来する。

映画の中でエミネムのセリフは、「Like when you gotta stop living up here and start living down here?」であるが、韓国では主人公の状況に合わせて「天国の生活をやめ、どん底に住み始めたかのように?」に言い換えられ、後に「現実はドブだ」という言葉に変質し、インターネットサイトで広く使われている。

高い理想についていけない現実を嘆いたり、時には「マーフィーの法則」がひどい場合にも使用されている。フラストレーションを示す場合には「私たちはきっと駄目だよ。おそらく」という言葉と意味が通じる。

  • 「ヒョンシチャン」という言葉の由来になった「8 Mile」の一場面

  • Lim, Chul
  • 入力 2014-08-19 13:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄