サプ:쌉

답변게시판
解説 ハングル: 쌉

ハングル発音:サプ

意味:「非常に」または「完全に」という意味の接頭辞

解説

「非常に」または「完全に」という意味の接頭辞。インターネットの新造語だ。


主にインターネット上の放送人たちが使う表現だ。インターネット上の放送人「ミラジ」は、視聴者から寄せられたほかの放送人の映像を見て、「サプボルレ」と言い、瞬く間にその放送人に「サプボルレ」というニックネームが付けられたりした。

ミラジが言った「サプボルレ」は、「本当に、完全に」という意味よりは、韓国で最もよく使われる「シプ」(最低)を純化したように聞こえる。

シプも強調の意味を持つ接頭辞としてよく使われる。
また、「サプチルハダ」(シャベルで掘る)*という意味にも使われます。

「君の行動はシャベルで自分の墓穴を掘るように危険」という意味から派生したインターネットスラング。

サプがオフラインに進出し、「非常に」「完全に」の意味で使われる割合が高くなった。

いくつかの例を挙げてみよう。

サプククヒョム - 非常にキモイ
サプソルム - 非常に鳥肌が立つ
サプノジェム – 非常に面白くない
サプインジョン – 完全に認める
サププルガ – 絶対に不可能
サプボルレ – 完全に虫だ
サプインサ – 完全に流行の中心
サプソリ - 完全にうわごと、ありえないこと

軽い気持ちで「サプ」という言葉を使っていたため、LB CNS人事の担長者が新入社員の公開採用のメッセージを送りながら、この言葉を使って話題になったりもした。

新世代のネチズンたちは文字メッセージを見て「同じ世代の雰囲気を感じてよかった」とか「斬新だ。人事チームではなく、インサ(流行の中心)チームのようだ」といい反応を示したが、大手企業の人事担当者のメッセージとしては、不適切だったという否定的な意見も少なくなかった。

もっとも、新造語を知らない既成世代は「サプ」を「シプ」と間違える可能性が高いため、斬新というより軽率だという意見も多かった。

会社側はメッセージを受け取った志願者全員に公式に謝罪をした。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-03-16 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄