マボプヤク/マボベヤク:마법(의)약

답변게시판
解説 ハングル:마법(의)약

ハングル発音:マボプヤク/マボベヤク

意味:性ホルモン剤を示すトランスジェンダーの隠語

解説

魔法の薬、性ホルモン剤を示すトランスジェンダーの隠語。

小説家J.K. ローリング(Joan K. Rowling)の『ハリー・ポッター』シリーズに様々な魔法の薬が登場した。

生徒たちの試験を台無しにさせる物忘れ薬をはじめ、体を縮めて、心を混乱させ、たった3滴飲むと、気持ちを打ち明けられる薬もある。背の低い人が必死で探すような骨がすくすく伸びる薬があるかと思えば、幸福感に酔わせてくれる「ユーフォリア妙薬」もある。

愛の妙薬「アモテンシア(Amortentia)」も欠かすことができない。
妙薬は自分が好きな物や人のにおいを漂わせるが、問題は妙薬が与えるのは強烈な熱望や執着に過ぎず、真の愛ではないという点だ。

トランスジェンダーたちがマポプヤクと呼ぶ性ホルモン剤も似ている。

トランス女性(MTF)たちが投与する女性ホルモン剤やトランス男性(FTM)を助ける男性ホルモン制度にも限界があるのは同じだ。

それでもニキビができていた脂性肌が白くて柔らかい乾性肌に変わり、胸を膨らませる効果を発揮する場合、マポプヤクと呼ばれる。ごく稀なケースだが、性ホルモン剤投与で12代ドクターから13代ドクターへの換骨奪胎*を行うケースも少なくない。

BBCのSFドラマ『ドクター・フー』の主人公。12代から13代に受け継がれ、性転換が行われた。

  • 『ドクター・フー』の12代目ドクターと13代目ドクター



『ドクター・フー』の場合は、まさに魔法のレベルだ。

FTMが使う男性ホルモン剤は女性ホルモン剤に比べて魔法効果が高い。
声が少しハスキーになり抜け毛やニキビを誘発するので、マボベヤクに含まれる可能性が高い。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-05-29 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄