ナジュクジプサン:나죽집산

답변게시판
解説 ハングル:나죽집산

ハングル発音:ナジュクジプサン

意味:あまり外出せずに家の中で主に生活する人

解説:

「外に出れば死に家にいれば生きられる」の家で過ごすチプドリやチプスニを指す言葉。

家に入りさえすれば全く出かけようとしない人たちがいる。
妻は外の活動が好きなのに夫はテレビの前にしゃがみ込んで離れる考えをしなかったら腹が立つ。

チプドリやチプスニは、かつてルーザー(敗者、無能な人)の象徴だった。
一緒に遊ぶ人、遊んでくれる友達がいない、あるいは体力が弱いため20~30分歩くだけで息切れがするので出入りを控えると思ったからだ。

このような否定的なイメージは、インターネットが生活全般に広がるにつれて変わった。仕事をする時は全力を尽くし仕事が終わると静かに休息を楽しむという良いイメージが築かれた。

家でも趣味がいくらでも可能でSNSであえて顔をあわせなくても旺盛な関係を維持できるので「チプドリ」とからかわれる理由がなくなった。それに、新型コロナウイルスで自ら外出を控えるようになった社会雰囲気から家にこもって暮らす人を肯定的に見る見方も増えた。

「ナジュクジプサン」という言葉もそういう意味だ。

もちろん、行くところがないため一日24時間、一か月30日を家で過ごす人には適用されない。

考えてみれば家で楽しめる趣味はたくさんある。

テレビを見る、ラジオを聞く、コンピューター、音楽鑑賞、漫画を読む、SNS、レゴ組み立て、パズル、ホームショッピング、工芸、ホームトレーニング、作詞、作曲、絵を描く、楽器演奏、ゲーム、ペットを育てる、収集…。ある人は掃除と洗濯を趣味生活にすると言う。

あ、そして絶対に欠かせない読書。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-10-13 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄