記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
数字経済 > 経済

政府「青年・女性の働き口160万件創出」

  • 政府が、青年と女性を中心に、働き口160万個の創出を推進する。

    政府は、青年が学校を卒業後、就業に就こうとする過程に注目した。大企業への就業用「スペック」のみ積んだため、就業準備期間だけが長くなり、創意的な人材は培われないという問題意識だ。

    政府はこれを解決しようと、産業団地別に企業と学校間の対話チャネルをつくり、仕事-学習並行の試験事業を、段階的に拡散させる方針だ。

    公共機関は、高卒の適合職務を発掘して補職・昇進・報酬などの制度を整備し、高卒就業者の定着基盤を準備する。採用型インターン制度を試験的に導入し、在学生の就業能力培養に焦点を置いた、体験型インターン制も運営することにした。

    職場生活を早くに始めたとしても、望むなら勉強を続けてできるよう、専門大学を生涯職業教育大学に転換し、在職者の特別選考と契約学科も拡大する。

    マイスター高校を拡大し、特性化高校の現場実習を強化する一方、これらの教育過程に参与する企業には、税制を優遇する。

    中小企業の就業者の処遇改善のため、高卒の中小企業の青年在職者を対象に、財形貯蓄の義務加入期間を7年から3年に減らす「希望育て通帳」を導入する。産業団地の入居企業が、産業団地に文化施設などをたてればインセンティブを与える方案も検討する。

    政府は、青年の働き口事業を深層評価し、効果のある事業を選択、集中支援し、似たような事業は部署別に統合したり調整する方針だ。このような計画が支障なく進行されれば、来る2017年までに、青年の働き口が50万個ほど創出されるものと見ている。

    女性の働き口政策の核心は「経歴断絶防止」だ。

    母性保護制度が有名無実にならないよう、非正規職・小規模事業所・サービス業従事の女性が育児休職や出産休暇を使った時、不当解雇した事業場は制裁する。

    今年から時間制保育斑を試験的に運営し、来年からは全国に拡大する。多様な勤労類型に合うよう、終日斑中心の現行保育支援体系を改編するという意味だ。

    出産と育児で職場を辞めた後、再就業を望む女性には、仕事をおこなう与件を用意する。

    経歴断絶の女性を雇用した中小企業には、2年の間、人件費の10%を税額控除する予定だ。退職後、3~5年以内の女性が対象で、3年の間、限定的に税制優遇した後、雇用効果を評価し、優遇を増やすこともできる。

    労働者が育児・妊娠・看病・退職準備などで時間選択制の働き口を望むなら、時間選択制転換請求権を与え、後に全日制復帰を保障する。この場合、育児期の勤労時間短縮支援金・壮年勤労時間短縮支援金などを提供する予定だ。

    あわせて、全日制勤労者を採用する時、これまでの時間選択制勤労者を優先して雇用するようにし、勤労条件を改善すると、社会保険料などのインセンティブを支援する方案も検討する。

    家族親和認証制の改編もなされる。家族親和認証制は、職員が仕事と家庭の釣り合った均衡がとれるよう、弾力的な勤務制度・子女出産・育児ならびに教育支援制度・扶養家族支援制度など、様々な制度を模範的に導入して運営する企業を評価し、認証する制度だ。

    企業が実際に望むインセンティブが何なのか調査し、制度を補完する方針だ。

    このようになると、来る2017年には、女性の働き口は150万件が追加創出されると企画財政府は見ている。新規青年の働き口50万個から重複した部分を除くと、合計160万個の働き口がつくられる展望だ。
  • 毎日経済_速報部 | (C) mk.co.kr | 入力 2014-02-25 10:46:04