記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
数字経済 > 総合

40代女性がパトカーで出産…母子ともに健康

  • 出産が間近に迫ったフィリピン出身の女性が警察の助けを借りて病院に向かう途中、パトカーで赤ちゃんを出産した。幸いなことに母子ともに無事だと伝えられた。

    16日、京畿東豆川警察署によると15日午前、東豆川市生淵洞のガソリンスタンドでパトカーに給油をしていたキム・ソンギョン警衛とチャン・ジヌ警官にワゴン車が一台に近づいて来た。

    車の中には夫と妊婦が乗っていた。夫は自分の妻(41・韓国国籍・フィリピンから帰化)の出産が迫っているが渋滞がひどいと助けを要請した。

    警察は医療機器の整った救急車を利用するように提案したが、道路の渋滞があまりにひどく、時間に追われていることを考慮してパトカーに乗せて出発した。

    病院までの距離は約20キロだったが妻は出発から10分後にパトカーで赤ちゃんを出産した。病院に到着したのは13分後だった。

    医療陣は母子ともに健康に異常がないと診断を下したと警察は伝えた。
  • 毎日経済 デジタルニュース局 | (C) mk.co.kr | 入力 2018-04-16 18:26:13