記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
数字経済 > 総合

ユン・テヨンが飲酒運転でEXOディオ出演予定の「100日の朗君様」を降板

    俳優ユン・テヨン(44歳)が飲酒運転でカムバックが失敗に終わった。

    ソウル江南警察署によるとユン・テヨンは14日の午前2時頃、飲酒後に運転をして他の車に衝突した。当時、ユン・テヨンの血中アルコール濃度は免許停止に該当する0.079%だった。

    ユン・テヨンは最近、2年ぶりにドラマ復帰を準備していた状況だった。

    事前制作のtvNドラマ『100日の朗君様』にて、ディオの父で王を演じ撮影を進行していた。 『100日の朗君様』の制作陣は20日、「内部の議論を通じてユン・テヨンさん降板後、他の俳優に交代することを決定した」とし「代替俳優は現在未定」と話した。

    また「『100日の朗君様』は事前制作で進行されるドラマで制作に大きな問題はないと思われる」と付け加えた。

    ユン・テヨンの所属事務所側も「飲酒運転事故について、深く反省している」とし「すべての活動を中断して自粛する。車両の被害者に謝罪して合意した状況だ」と伝えた。

    ユン・テヨンは1996年、SBSドラマ『美しい彼女』でデビューし、ドラマ『ワンチョ-伝説の英雄-』、『あの青い草原の上』、『真珠の首飾り』、『明朗少女成功記』などに出演した。女優イム・ユジンと2007年9月に結婚して双子の息子、娘を授かった。特に芸能界代表の「金のスプーンスター」で父親は、サムスン電子副会長を務めた実業家ユン・ジョンヨンだ。父親が譲ってくれた財産だけでも450億ウォンに達するという。
  • 毎日経済 スタートゥディ チン・ヒャンヒ記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2018-05-21 07:29:15