記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
数字経済 > 総合

現代自、研修所2か所を「コロナ治療センター」として提供

サムスンやLGも 

    • 現代自動車グループ慶州人材開発研修院とグローバル共生協力センター。 [写真提供=現代自動車グループ]


    現代自動車グループは5月にオープンする予定の慶北地域の研修所2ヶ所を、「コロナ19」の治療のためのセンターとして提供することにした。大邱・慶北地域の病床不足の問題解消に貢献するためだ。

    現代自動車グループは9日、慶尚北道慶州市ヤンナムミョン所在の慶州人材開発院とグローバル共生協力センターの2ヶ所を、大邱・慶北地域の軽症患者の生活治療センターとして提供すると発表した。慶州人材開発研修院とグローバル共生協力センターはそれぞれ193室と187室など、総380室の宿泊施設と教室や食堂などを備えている。これらはともに地上4階と地下2階建て規模だ。現代自動車グループの関係者は、「病床不足に悩まされているコロナ19患者に対する体系的で迅速な治療が行われ、迅速な回復と拡散防止に寄与できるものと期待している」と強調した。

    慶州人材開発研修院とグローバル共生協力センターは、現代自動車グループと協力社の従業員のための教育院で、2017年の末に着工した。現代自動車グループは宿泊とアメニティ施設を備えた後、この施設を来る5月に正式にオープンする予定だった。しかし大邱・慶北地域のコロナ19事態で、地域住民に対する病床支援が優先という判断の下で、必要な補完とチェックだけを終えて施設を提供することにした。

    現代自動車グループはこのほか、全国の災害救援協会に寄付金50億ウォンを寄託した。またコロナ19事態で経営が困難な中小部品サプライヤーの決済代金を事前に支給する方式で、1兆ウォンの流動性を供給した。現代自動車の労使は献血キャンペーンも行っている。

    先だって、サムスングループが慶尚北道盈徳郡にある300室規模のサムスン人力開発院を生活治療センターとして提供するなど、企業は先を争って病床不足の解決に袖をまくって乗り出した状態だ。 LGグループも慶尚北道亀尾市と蔚珍郡の総550室規模の会社施設を、軽症患者の生活治療センターとしてさし出した。ハンファグループも京畿道龍仁市にある200室規模のハンファ生命「ライフパーク研修院」を治療センターとして提供した。
  • 毎日経済_イ・ジョンヒョク記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2020-03-09 17:31:21