記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
数字経済 > 経済

「コロナ」なんのその…韓、輸入車2万台売れる


    • 先月の輸入車ベストセラーカー、フォルクスワーゲン「ティグアン」。


    「コロナ19」の余波による内需心理の萎縮にもかかわらず、先月は国内で輸入車が2万台以上も売れた。現代自動車と起亜自動車、ルノーサムスン自動車などの国産車も国内販売が増加したが、政府の個別消費税引き下げの延長や業者別の非対面販売チャネルの強化、値引きなどが影響を及ぼしたものと分析される。

    韓国輸入自動車協会は3日、去る3月の輸入車新規登録台数が前年同期比で12.3%増の2万304台と集計されたと発表した。輸入乗用車の新規登録台数が2万台を超えたのは、昨年12月(3万72台)以来で3カ月ぶりだ。

    今年の第1四半期の累積新規登録台数も5万4669台で、昨年の同じ期間よりも4.8%増加した。 4年連続で輸入車販売1位を占めたメルセデス・ベンツは先月5093台を販売し、今年に入っても1位の座を逃さなかった。続いてBMWが4811台の販売実績を記録してタイトに追い、シボレー(1363台)、ボルボ(1162台)、アウディ(1151台)、フォルクスワーゲン(1072台)などが3~6位を占めた。

    このうちシボレーは昨年11月に輸入自動車協会の集計に含まれて以来、ずっと上位5位に名前をあげて存在感を示した。シボレーの「ボルト(EV)」は、先月の輸入車ベストセラーカーのトップ10で4位を占めた。

    先月、国内で最も売れた輸入車はフォルクスワーゲンのスポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)の「ティグアン」で、単一のモデルでは唯一で販売台数が1000台を超えた。ティグアンは世界的に500万台以上売れたベストセラーモデルで、国内では昨年9月初めに2020年型ティグアンが発売された。
  • 毎日経済_パク・ユング記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2020-04-03 17:39:49