記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
数字経済 > 総合

サムスン電子…「レゴ」で半導体工場の安全性を広報


    サムスン電子は世界最大規模の半導体工場である平沢第1ラインの縮小した模型を「レゴ」ブロックで作り、半導体工場の安全性を報じている。

    サムスン電子は29日、YouTubeにレゴブロックで平沢1ラインを520対1のサイズに縮小した模型を製作する過程を収録した映像を公開した。ストップモーション技法で撮影された映像には、半導体の生産ラインが各種の汚染から安全な理由を説明する内容が盛り込まれた。

    半導体はナノメートル単位の工程を適用することから、小さなダスト粒子一つでも不良が発生することがありうる。このために空気中の微粒子と温・湿度や圧力などが一定に維持される「クリーンルーム」で生産される。サムスン電子はレゴブロック1万5000個を活用し、空調システムから半導体装置とウェーハ、自動化システムまでクリーンルームの内部を細かく再現した。

    特に半導体クリーンルームがどのようにして清浄に維持されるのかを生き生きと見せてくれた。世界的なパンデミック事態にもかかわらず、サムスン電子の半導体生産ラインは清浄な状態を維持しているという評価だ。サムスン電子が世界最高の半導体製造の競争力を維持することができる秘訣の一つは、ユニークな空調システムと清浄なクリーンルームの管理能力にある。

    サムスン電子は事業所周辺から吹いてくるほこりを1次的にろ過する防風林をはじめ、複数段階のフィルタリングが行われる空調システムを介して、清浄なクリーンルーム環境を維持している。特にライン外部よりも気圧の高い陽圧を維持し、外部との接続も空気が外にのみ出る構造であるため、汚れや各種ウイルスが内部に流入する可能性は低いという説明だ。

    サムスン電子の関係者は、「クリーンルームに設置された高効率のフィルターは0.1マイクロメーターの大きさの微細なホコリや各種ウイルスなどを99%以上捕集することができ、ウイルスが流入したり、内部でウイルスが再循環する可能性は非常に希薄だ」と説明した。
  • 毎日経済_ファン・スンミン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2020-06-29 20:35:42