記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
数字経済 > 企業

現代自とSKの「未来産業同盟」…未来産業で共に走る


    現代自動車グループとSKグループは電気自動車用バッテリー、パワー半導体、水素・電気自動車のインフラに至るまでの包括的協力に乗り出すことにした。

    財界2位と3位のグループが未来産業をリードするためにビジョンを共有し、全方位の協力を行うことに合意したものだ。若返った財界が創業世代の競争と牽制から脱し、協力を通じたパートナーシップ体制で急速に進化しているという評価だ。

    鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車首席副会長と崔泰源(チェ・テウォン)SK会長は7日、忠南・瑞山のSKイノベーションバッテリー工場で面談し、2つのグループの協力方案を議論した。この席では次世代バッテリー技術と将来の新技術に対する開発の方向性について議論し、両社の経営陣が起亜自動車製「ニーロ」電気自動車に供給するバッテリーセルの組み立ラインを見学した。チョン首席副会長は組立ラインを見て回って、技術的な部分まで入念に質問し、チェ会長は「チョン副会長のこのような姿は気持ち良い」と激励も惜しまなかった。

    チョン首席副会長とチェ会長はこの日4時間以上をともにし、高エネルギー密度、急速充電、リチウム・メタルバッテリーなどの次世代バッテリー技術に関する情報を共有した。またパワー半導体と軽量新素材、バッテリーのレンタル・交換などのサービスプラットフォーム(Battery as a Service/BaaS)など、未来の新技術開発の方向性と協力方案についても意見を交わした。 SKガソリンスタンドと充電スタンドを活用して、電気・水素自動車の充電インフラを拡充する案まで議論のテーブルに上がってきた。

    チョン首席副会長はこの日の行事を終えた後、「未来のバッテリー、新技術開発の方向性を共有する意味のある席だった」とし、「世界最高の技術力を保有している企業とのコラボレーションを拡大していくつもり」だと明らかにした。

    チェ会長も「現代・起亜自動車が電気自動車など、未来モビリティの分野で主導的地位を確立しているだけに、今回の協力が2つのグループはもちろん、韓国経済にも新たな力になるだろう」と述べた。

    この日の訪問には現代自動車側から現代・起亜自動車の研究開発本部アルバート・ビオマン社長、企画調整室キム・ゴル社長、商品担当でソ・ボシン社長、現代モービスのパク・チョングク社長などが同行した。 SK側はバッテリー事業を陣頭指揮してきた崔再源(チェ・ヂェウォン)副会長を含めて、キム・ジュンSKイノベーション総括社長、チャン・ドンヒョンSK(株)社長、チ・ドンソプSKイノベーションバッテリー事業代表が迎えた。現代自動車グループはサムスンとLGグループに続き、SKグループともバッテリー協力での議論を進めながら、次世代電気自動車市場を主導するための国内のバッテリー3社の同盟を引き締めた。
  • 毎日経済_ハン・エギョン記者/パク・ユング記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2020-07-07 21:14:39