記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
数字経済 > 総合

LG電子製「スチーム家電」…海外でも「人気沸騰」

    • 「LGstyler」写真提供=LG電子


    最近、国内外で衛生とさまざまなウイルス予防に対する認識が高まり、関連市場が急速に成長しているなかで、LG電子は「スチーム(Steam)」技術を前面に出して新家電の販売を増やしている。

    27日の業界によると、「LGスタイラー(LGstyler)」は今年に入って最近までに中国・ロシア・カナダなどで、昨年の同じ期間に比べて販売量はそれぞれ50%以上増加した。「ヒット商品」であるLGスタイラーは、LG電子のスチーム家電を広報する役割を果たしているという評価だ。

    LG電子は2011年、LGスタイラーを国内で初めて出荷した後、最近までに米国・ロシア・中国・英国などの20カ国に出荷した。 LGスタイラーは特許を受けた「トゥルースチーム(TrueSteam)」技術を搭載した、スチーム家電群の代表的な製品だ。クァク・トヨンLG電子H&A海外営業グループ長(常務)は、「海外でも健康と衛生に対する顧客の関心が高まっている」と説明した。

    LGスタイラーは「トゥルースチーム」で衣服の中の有害な細菌を99.99%殺菌し、服についた臭いやダニなどを取り除くと同社側は説明した。 LG電子が独自に開発した摂氏100度の「トゥルースチーム」はLGスタイラーだけでなく、乾燥機や食器洗い機などのさまざまな生活家電に応用された。

    LG電子は、第2四半期の業績を維持することができた最大の秘訣はスタイラーや乾燥機、食器洗い機などの蒸気家電の売上げが増加し、業績を支える役割を果たしたからだという分析だ。
  • 毎日経済_ファン・スンミン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2020-07-27 17:52:08