記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
数字経済 > 総合

サムスン電子、オンライン家電販売が急伸

非対面販売市場が急速に成長 


    「コロナ19」の影響で非対面の消費文化が拡散しながら、サムスン電子の家電売上げにおけるオンラインの割合が初めて20%を突破した。グローバルな家電市場の販売網が、オフラインからオンラインに移行しているという分析だ。

    これまで家電市場は製品案内・設置の問題と、高額家電製品の場合は直接目で見て購入する消費者感情のなどで、オンライン販売は相対的に少なかった。しかしオフライン店舗の閉鎖などの不確実性が高まり、非対面販売市場が急速に成長している。このことから、サムスン電子とLG電子などの主要家電メーカーはオンライン販売戦略を新たに組むなど、販売網の再整備に乗り出す姿だ。

    7日の家電業界などによると、サムスン電子の今年の上半期における生活家電製品のグローバルオンライン売上げの割合は、前年同期(15%)に比べて大幅に増加(22%)して過去最高を記録した。同社の家電製品のオンライン販売の割合が20%を超えたのは今回が初めてだ。去る3月から米国やヨーロッパなどの主要地域のオフライン売り場が閉鎖され、テレビなどの家電製品のオンライン販売の流れが急速に普及したものと分析される。

    先だってコロナ19が大流行したこの3~4月には、グローバルな家電販売・生産網が同時に崩れるという初の事態を迎えた。第2四半期のサムスン電子とLG電子の両社の家電販売の実績が市場の期待値を上回ったことも、すばやい需要の回復に加え、オンライン販売の拡大が市場の実績にかなり寄与しただろうという解釈が出ている。全体的な市場の低迷にもかかわらず、オンラインでの売上げが市場成長率を上回る成果を収めて実績セーブに成功したし、このような流れは第3四半期にはさらに顕著に現れる可能性が高い。

    業界関係者は、「北米と欧州の最大の家電量販店であるベストバイやメディア・マルクトなどで製品を直接見て購入した保守的な消費者も、アマゾン(米国)やAO(英国)、JD(中国)などのオンラインプラットフォームを通じて購入を始めたと思われる」と語った。

    サムスン電子は第2四半期の業績を発表した後のコンファレンスコールで、オンライン市場の見通しについて「主要地域のオフライン売り場が閉鎖され、第2四半期のオンライン市場が急成長した」とし、「下半期もオンライン市場の重要性は継続して大きくなるだろう」と展望した。

    LG電子も「アンタクトライフの拡散でオンライン市場が拡大しており、このことかオンラインに注力している」と言及した。特に冷蔵庫やオーブンなどの製品群でオンライン販売が急増したというのが会社側の説明だ。 LG電子の上半期のオンライン売上げの割合(グローバル・全社)は15%を記録した。

    消費者の購買方式が変化するなかで、サムスン電子とLG電子はデジタル販売戦略の再整備に乗り出している。

    特にデータに基づいて顧客に合わせたマーケティングや販促活動などが、市場の成否を分けると見られる。サムスン電子はオンラインのインフラを改善し、オンライン流通網とのコラボレーションを拡大して、非対面販売での競争力を高める方針だ。

    オンライン販売拡大のために自社ホームページのコンテンツを強化し、ソーシャルネットワークサービス(SNS)を活用した製品のデモを公開している。また保健・衛生を最優先にする配達と設置ポリシーを新たに導入するなど、非対面販売の促進活動を強化している。

    これまで対面方式が好まれてきた製品の設置にも変化を図っている。サムスン電子は消費者が直接製品を設置できるように支援するセルフガイドを提供するなど、差別化に乗り出している。

    LG電子も国内営業を担当する韓国営業本部のB2C(企業と消費者間取引)とB2B(企業間取引)事業部門で、オンラインチャネル管理専担部署を別々に分離・統合した。オンライン販売チャネルでの営業を強化するためだ。「韓国オンライングループ」という名称で新設された組織は、オンラインモールとオープンマーケットやショッピングなど、国内の非対面販売網を土台にオンラインビジネスの拡大のための営業戦略を構築する任務を担った。

    LG電子の関係者は、「セールスとマーケティングなどでオンラインの重要度が高くなるにつれて、システムインフラの構築に多くの努力を傾けている」とし、「生活家電を担当するH&A事業本部はオンライン展示活動・流通、オンラインブランドショップ、デジタルマーケティングなど、さまざまな活動を推進している」と明らかにした。
  • 毎日経済_ファン・スンミン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2020-08-07 21:16:04