記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
数字経済 > 総合

現代グロービス、航空物流事業を攻略…欧州に拠点

独フランクフルト空港に欧州拠点 

  • 現代グロービスはドイツに戦略拠点を構築し、欧州市場攻略のための航空貨物事業を拡大する。現代グロービスは27日、独フランクフルト空港に航空フォワーディング(貨物輸送)業務を遂行するための直営事務所を設立して運営を開始すると明らかにした。

    フォワーディング業務は貨物輸送を依頼された専門業者が、顧客の貨物の輸送過程全般を引き受けて処理することをいう。輸出入企業は専門業者に転送業務を任せることで、安定した貨物輸送サービスを提供されることになる。現代グロービスの関係者は、「陸路と海上輸送に加えて航空物流事業に領域を広げ、グローバルな貨物発注社を発掘し、事業ポートフォリオの多角化に速度を加える計画」だとし、「このために欧州内の経済核心国家であるドイツを優先的に攻略する」と説明した。独フランクフルト空港は年間約200万トンの貨物を処理する、ヨーロッパ最大であり世界的な上位圏の航空貨物中心地で、物流事業の拡大のための戦略的要衝地だ。

    現代グロービスは自動車部品をはじめ、ハイテク部品・医療機器などの高付加価値な貨物、消費財、コールドチェーン(冷蔵・冷凍物流)、グローバルEコマースなどの多国籍企業を攻略する計画だ。まず週6回、ヨーロッパ発韓国向けの貨物航空輸送を手配して、今後は物量に応じて輸送スケジュールを調整する方針だ。年内にアメリカとアジア・太平洋地域にも航空事業を広げるという構想も持っている。上半期に米ジョージア州アトランタ空港を中核拠点として、現地に進出したグローバル企業とのビジネスを具体化し、下半期には東南アジアでの航空貨物の道を広げる予定だ。
  • 毎日経済_ソ・ドンチョル記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2021-01-27 17:09:16