記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
カルチャー > 韓国探訪

6月の飛び石連休に行ってみたい韓国国内フェスティバルTOP6

  • 5月のゴールデンウィーク…本当に稲妻のように過ぎて行った。今回の連休の時にどこにも行けなかった方もいると思う。でもあまり失望しなくてもよい。来月飛び石連休が私たちを待っている。初夏6月の飛び石連休時はなんといっても短く、色濃く行くことができる国内旅行が最適だ。旅先でおまけにお祭りの雰囲気まで満喫することができるのなら、さらに良いだろう。海外のお祭りも良いが、実は韓国国内にも全国的に非常に多様なお祭りが開かれている。なので選別してみた。5月末から6月まで、飛び石連休期間に行くのにピッタリなお祭り。日程を参考にして、該当地域周辺の他の観光スポットにも一度行ってみると非常に有意義な連休になるかもしれない。

    1. ソウル大公園6月バラ園祭り

    • <出典=http://grandpark.seoul.go.kr>

    ソウル大公園のテーマガーデンで飛び石連休バラ園祭りが開催される。今回の祭りで観覧客たちは179種3万8000本のバラが彩る5万4000平方メートルの花畑を鑑賞することができる。今年は特にバラを一般の木のように作った最高級型の庭園樹のバラ、「イギリススタンダードバラ」を楽しむことができる。フレンチラベンダーが何重にも重なった植栽されたスタンダードバラは赤と紫ハーブの派手な色味を誇る。また、香ばしいお花見だけでなくマジックショー、ローズ&ラブコンサート、カップルマグカップ作りなど、様々なプログラムも体験することができる。バラ園祭りは誰からも人気で特に恋人同士で来ると良いそうだ。大切な、または大切にしたい人と初夏満開のバラ園を散策して花より美しい愛を育んでみてはどうだろうか。

    - 公演期間=2017年05月27日~2017年06月11日 / 9時~18時まで入場 /金、土、日、6月5日(月)、6月6日(メモリアルデー)20時まで延長オープン

    - 利用料金=テーマガーデン入場料(大人2000ウォン、青少年1500ウォン、子供1000ウォン)

    65歳以上、満6歳未満無料 / 30人以上の団体30%割引 / 動物園、テーマガーデンパッケージ5600ウォン(大人基準)

    - お問合せ=ソウル大公園のホームページhttp://grandpark.seoul.go.kr / Tel:02-500-7335


    2. 高城ラベンダー祭り

    • <出典=http://www.lavenderfarm.co.kr>

    6月は、ラベンダーの季節だ。高城は町と農場が満開のラベンダーの紫色と香りで染まる。高城ラベンダー祭りは疲れた都市の日常から少しの間抜け出し、ラベンダーで目と鼻をヒーリングすることができるチャンスだ。6月1日から開催されるこの祭りは、ラベンダーの収穫体験、ラベンダー香水、石鹸、そして軟膏作り、ラベンダーピザ作りなど多彩な体験プログラムが用意されている。ファミリー観光客のための子供写生大会、香コンサート、フォトコンテストなど様々なイベントが開かれる。

    - 公演期間=2017年06月01日~2017年06月21日 / 9時~19時まで

    - 利用料金=体験プログラムごとに異なる(昨年基準 大人4000ウォン、中高生3000ウォン、小学生2000ウォン)

    - お問合せ=ラベンダー村のホームページhttp://www.lavenderfarm.co.kr / Tel:033-681-0005


    3. 江陵端午祭

    • <出典=http://www.danojefestival.or.kr>

    江陵で端午は特に大きな名節と呼ばれている。江陵端午祭は、韓国の重要無形文化財に登録された祭りで、伝統の原型を維持しており、特に価値があるとされている。2005年にはユネスコ世界無形遺産に登録された。神酒作り、奉安祭、迎神祭など端午祭本イベント以外にもいくつかの舞台行事が多様に用意されている。昨年だけで150万人を超える観光客が足を運んだお祭りだ。

    - 公演期間=2017年05月27日~2017年06月03日

    - 位置=江原道江陵市端午場キル1(ノアム)

    - イベント会場=江陵市南大川端午場および指定イベント会場

    - 利用料金=無料

    - お問合せ=http://www.danojefestival.or.kr / Tel:033-641-1593


    4. センタムビール祭り

    • <出典=http://www.beerfestival.co.kr>

    5回目を迎えるセンタムビール祭りは、今年も熱い都心を涼しくしてくれるようだ。釜山KNNセンタム広場で6月1日から11日間開かれる今回のフェスティバルでも訪問者は無制限にビールやおつまみを楽しむことができる。おいしいビールと一緒にコンサート、VR体験など多様な公演と展示、割引行事なども予定されている。釜山市民と釜山を訪問した観光客の皆が冷たいビールと文化イベントで風変わりな思い出を作ってみよう。

    - 公演時間=2017年06月01日~2017月06月11日 / 18時~22時

    - 観覧可能年齢=成人

    - イベント会場= KNNセンタム広場

    - 利用料金=一般10000ウォン(毎日先着順3000名の入場制限 / 安全性の問題で3000名の入場人数制限があるが退場者が発生すると、その人員だけ入場可能)

    - お問合せ=http://www.beerfestival.co.kr / Tel:051-850-9355


    5. 済州サリョニ森エコヒーリング

    • <出典=韓国観光公社>

    新しい概念の林道生態体験の済州エコヒーリングは、今年9回目を迎える。今年は特に行事期間を短縮する代わりに森の中で楽しむことができる体験と公演が増えた。歌手シン・ヒョンウォンと放送人ホ・スギョンなど有名人を招待した公演も行われる。また、休息年制で出入りが統制されていたムルチャオルム探訪とエコ植木鉢作りなど様々な体験プログラムやサリョニ森をテーマにした写真コンテストも行われる。きれいな済州での森林セラピー、森林フィットネスなどを通じて科学的に証明された自然治癒効果を堪能してみてはどうだろうか。

    - イベント期間=2017年05月27日~2017年06月06日

    - 位置=済州特別自治道済州市朝天邑

    - イベント会場=サリョニ森の道

    - 利用料金=無料(一部アクティビティ有料)

    - お問合せ=http://korean.visitkorea.or.kr/kor/bz15/where/festival/festival.jsp?cid = 1812088 / Tel:064-750-2523


    6. アント村ホタル祭り

    • <出典=韓国観光公社>

    初夏にホタルと一緒に夜道を歩いて群舞を踊ることができるお祭りだ。2009年から毎年開かれている沃川ホタル祭りはホタルと錦江水系など長く保存してきた地域固有の環境を祭りに発展させたものだ。純粋な村の山、野原とホタルの生態と生息について学ぶので休息だけでなく、子供の教育まで一石二鳥の効果を楽しむことができる。また、沃川石灘里支石墓とアント先史公園など周辺には楽しむことができる天然の観光地も豊富だ。

    - イベント期間=2017年05月27日~2017年06月11日(市庁舎前に夜9時までに集合してホタル見物案内)

    - 位置=忠清北道沃川郡石灘里アント村

    - 利用料金=5000ウォン

    - お問合せ= http://cafe.daum.net/kjsick51 / Tel:010-9475-0243
  • 毎日経済 旅行+ | (C) mk.co.kr | 入力 2017-06-15 08:00:37