記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
カルチャー > 韓国探訪

夏の済州島が呼んでいる…自由旅行orパッケージ旅行、あなたの選択は?

  • 韓国人が最も行ってみたい国内旅行先に、ほとんどが済州島を挙げる。最近人気放映中の『ヒョリの民宿』の撮影地も済州島で、引退したら住んでみたい場所1位でもある。

    テレビを通じて映る済州島の美しい景色は本当に行ってみたい場所だという思いを自然に沸き起こさせる。また、実際に行ってみても見どころや遊ぶところが多く、国内最高のリゾート地であることに間違いない。

    済州島に旅行に行く場合、ほとんどはインターネットなどを介して直接チケットを購入し、寝食やレンタカーを調べ、観光するところも予約する。旅に出る前の準備の過程はすでに旅行が与える楽しみの始まりとすることができる。

    ただし、忙しい日常に追われていたり、一連の準備が手に余るようなら、思わぬ負担の旅になることもある。短い旅の日程をより効率的に充実させて楽しみたいのはやまやまだが。航空券はどのように購入するか、好みに合った寝食はどうやって見つけるか、またどのような観光地を選択して移動はどのようにするのか。このようなすべてのことが大きな悩みとして迫ってくることがある。

    • < 済州に来たら欠かせない観光コースであるウドのクルーズツアー >


    このような状況で計画する旅行なら、とりあえずパッケージ旅行を選択するのが便利な方法だ。誰かがそれらをすべて解決してくれるうえ、自分は身軽に望んだ観光を存分に楽しむことができるなら。もちろん、パッケージ旅行といえば海外旅行の際の悲しい記憶を思い浮かべるかもしれないが、旅行商品を十分に見て選別する肥えた目を育てれば意外に満足のいくツアーを体験することができる。

    • < 簡易列車が走るエコランドのテーマパーク >


    • < 済州チョランマル(ポニー)体験公園では、乗馬体験ができる>


    済州島のパッケージ旅行の商品はかなり多様だ。しかし済州島に行けば必ず立ち寄らなければならない樹木園やテーマパーク、オルムに登るのはもちろん、パシフィックランドのイルカショーにポニーの乗馬体験、城邑民俗村観光、城山浦遊覧船観光など基本的な観光地がすべて含まれる。

    旅行商品の中には少ない費用で馬羅島観光も含まれる異色商品もあり、日程だけ決めれば短い期間で済州島の美しさを存分に体験して来ることができるようだ。

    • <『宮廷女官チャングムの誓い』の撮影地としても有名な済州ウェドルゲ >


    • < 子供たちに人気のパシフィックランドのイルカショー >


    • < 緑の茶畑の風景が広がるo'sullocティーミュージアム >


    細かく積極的に自ら探し回るバックパッカーの自由さと、気軽に旅立つパッケージ旅行の利便性を比較する必要はないだろう。行きたいところに思い切ってに行ってみるのもいいし、特別な負担なしに安全に旅行を楽しむこともまた1つの手だ。選択は自分のライフスタイルに合わせるといいだろう。
  • MKスタイル キム・ソギル 記者 | 入力 2017-08-13 09:10:00