記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
カルチャー > 韓国探訪

こじんまりとした穏やかで美しい島-麗水「巽竹島」

  • 麗水(ヨス)の南にある「巽竹島(ソンジュクド)」は、面積がわずか3平方キロメートルにもならない比較的小さな島で、大部分が山地と丘陵で構成されている。村を屏風のように包んでいるキッテ峰(242メートル)を中心に稜線が島を囲んでいる。左端にそびえ立つ雙鳳が、右には低い山腹が船着場付近まで続く。海は深く湾入してU字型をなすため、この上なくこじんまりとして穏やかな感じだ。

    • < 巽竹島は全羅南道の「行きたい島」に選定され、現在散策路を造成中 >

    麗水から午前7時40分に巨文島(コムンド)を目的地とする高速船に上がると、外羅老島(ウェナロド)を過ぎて草島(チョド)に行く前に少し寄港する島が巽竹島だ。所要時間は1時間余り。島の天気は晴れだが、代わりに息が詰まるように暑く湿気の多い気運もかなり感じられた。朝夕に感じた涼しい気運にもしかしたらと初秋を期待したが、それは勘違いだった。ここは南の島、夏の勢いはまだ冷めていなかった。

    • < 村の住民に許可を受けて草島小学校の運動場にテントを広げた >

    学校は船着場から6~700メートル離れた村の中に位置している。芝生が広がる運動場の間に野花が自然に咲いており、校舎もやはり古びているが、きれいに整頓された姿が印象的だ。草島初等学校巽竹分校場は生徒数1人に先生1人、やっと命脈をつなぐ島の学校だが、1923年に開校したため90年以上の歴史と伝統を誇る島の教育の産室だ。

    • < 村の入り口にある大きな亭子と裏側の池がとても調和している >

    清潔な路地の隅々に、あるいは石垣を越えて眺めた普通の家の庭まで五色の美しい花が満開しており、見事に彩り大きな花園が連想させる。巽竹島の住民数は約150人前後で、普通の島と同様にほとんどが高齢者世帯で構成されている。しかし、約束もしたかのように家ごとに大小の庭園が施されており、命の生気もまたあふれ流れる。それらの誠意と島の愛にしきりに感嘆を禁じられなかった。

    • < 巽竹島は韓屋の民宿も可能だ >

    村の中央には自然美が奥ゆかしく黄土チムジルバンまで備えられた素敵な韓屋が位置している。7年前に島に入ってきて暮らすチョ・スンオ、キム・ヨンラン夫妻の家だ。生存率5%の胆道がん患者だったキム・ヨンラン氏は夫と一緒に、ここ巽竹島で山菜食膳と海藻類、そして風浴などを通じて、がんを完治したという。夫婦の話はドキュメンタリー『人間劇場』を通じて紹介されたことがあるが、今彼らの家を訪れる人々に健康的な食卓と明るい生活に対する希望を渡しながら生きている。

    • < かなり大きいデッキ展望台に立って眺めてみると熱い太陽の下、神秘的な小巨文島(ソゴムンド)がすぐそこに位置する >

    船着場から始まる探訪コースはすでに村の裏山まで完工し、雙鳳にも展望台が設置されている。船着場の入り口の木の階段を登るとまもなく山道は尾根にそって続くが、まだ多くの人が踏んでいないからなのか固められていない土地の新鮮さを感じることができる。放牧ヤギの群れが遊んでいた場を空けてくれ、悠々とよけてはアレッオモを超えて無人島のパンチョ島が嬉しくて、建ったばかりの亭子に上がると冷えることもない汗数滴が照れくさい。

    • < 巽竹島の象徴人物である李大源(イ・デウォン)将軍の銅像 >

    李大源将軍像はもちろん村内にも将軍の祠堂を建て、毎年祭祀をするほど巽竹島において象徴的人物だ。壬辰倭乱が起こる5年前、巽竹島近くの海上で倭寇20隻余りを全滅させた輝かしい 前功を立てたが、後の再侵攻時に弱冠22歳で殉国した。当時、全羅左水使に赴任した李舜臣(イ・スンシン)将軍は大きな人物を失い、国家的損失が大きいと胸を痛め、島を「損大島(ソンデド)」と呼んだという話が伝えられている。

    • < 島のマッコリの中で巽竹島マッコリの香ばしさは欠かせることができない >

    巽竹島の村ではパク・グンレばあさんが漬けて販売するマッコリが有名だ。過去に陸地での酒の搬入を考えることもできなかった時代、ほとんどの島のマッコリは祭祀にも使い、村の人々が分けて飲むために自生的に生まれた。今では焼酎であれビールであれ良い酒も船便で簡単に入ってくるようになったが、流通期間が短いマッコリはまだいくつかの島ではその伝統の命脈に頼っている。

    • < 巽竹島は滞在中に時間がどのように流れていったのか分からないほど、奇抜さがこの島のあちこちに隠れている場所だ >

  • 毎日経済 MKスタイル 文・写真 : キム・ミンス(旅行作家) | (C) mk.co.kr | 入力 2017-09-02 09:00:00