記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
カルチャー > 総合

韓NCソフト…今年の利益、1兆ウォンが目前

    • (左)証券業界の実績展望と(右)NCSOFTの出荷計画


    昨年11月にリリースされたモバイル多人数ゲーム(MMORPG)『リネージュ2M(Lineage 2M)』が常勝疾走して、今年のNCソフト(NCSOFT)の営業利益は初めて1兆ウォンを突破するだろうという予測が出ている。特に「コロナ19」の拡散で市民の外出時間が減少し、相対的にゲーム産業の善戦が予想されることによって、むしろ恩恵銘柄になるだろうと分析される。

    Google Playによると2日午後2時30分現在、売上1位のゲームは『リネージュ2M』で、2位はやはりNCソフトのモバイルMMORPG『リネージュM(Lineage M)』だ。リネージュ2Mは昨年、発売してから4日後に1位を占めた後は一度もトップの座を明け渡したことがなく、リネージュMも着実に2位を守ってきたというのがNCソフト側の説明だ。

    この日の基準でAppleのApp StoreでリネージュMは1位を、リネージュ2Mは3位を占めるなど、二大アプリマーケットを「リネージュ」シリーズが席巻しているわけだ。

    リネージュ2Mが新作ゲームとして享受する効果も当分のあいだ続くと見られる。今月に出荷100日を迎えて大規模なアップデートが予定されており、第1四半期の売上げは昨年第4四半期と大きな違いはないと予想される。リネージュシリーズのトレードマークである攻防戦の更新も控えている。アン・ジェミンNH投資証券アナリストは、「何よりもリネージュ2Mの売上げ推定値が継続して上昇しているという点が正」とし「昨年1月当時の2020年の売上げ推定値は5640億ウォンだったが、現在は1兆1700億ウォンに上昇した」と説明した。今年の第1四半期の売上げ推定値はこれまでの3060億ウォンから3312億ウォンに、一日平均売上げの推定値はこれまでの34億ウォンから36億8000万ウォンにやはり上昇した。

    リネージュシリーズを牽制する他の大作ゲームがあまりないという点も好材料だ。アンNH投資証券アナリストは、「昨年の下半期にネクソン(NEXON)社の『V4(Victory For)』や、カカオゲームズ(Kakao Games)の『月光彫刻師(TheLegendaryMoonlightSculptor)』などの大作がすでにリリースされたし、今年の上半期の新作発売は小康状態に入った」とし、「大型級の期待作と呼ばれるほどのゲームはネットマーブル(netmarble)の『A3:スチールアライブ(A3 Still Alive)』ほどに過ぎず、これまでになく新作ゲームが多くないことからリネージュ2Mの競争ゲームが特に無いわけだ」と分析した。

    これとあわせて、今年の他の大作ゲームも次々と待機している。「リネージュ」シリーズとともにNCソフトの代表作品である『アイオン2(AION2)』と『ブレード&ソウル2(Blade & Soul 2)』も発売を控えている。出荷時点は下半期になると思われる。リネージュ2Mは海外発売も準備している。アンNH投資証券アナリストは、「早ければ第3四半期の末に台湾と日本を含む、世界展開が予想される」と予想した。

    他の産業に致命打を加えている「コロナ19」は、むしろ売上げに助けとなる見通しだ。外出する時間が減ると、ゲームをする時間が増える可能性が高い。ゲーム時間の増加は、「ヒョンジル(RMT/現金でゲーム内アイテムなどを購入する)」へと続く。このような状況であることから、業績見通しは肯定的であるしかない。金融情報会社のエフアンドガイドによると、NCソフトの今年の連結ベースの売上高と営業利益に対する証券業界の予測値(コンセンサス)はそれぞれ2兆6701億ウォンで、営業利益は1兆664億ウォンだ。それぞれ前年比で57%と122.6%急騰した数値だ。歴代最大の営業利益だった2018年の6149億ウォンに比べても、73%も急騰した数値だ。営業利益が1兆ウォンを突破するのも同社の史上初だ。業界関係者は、「リネージュ2Mが期待に見合った大成功を収めた後、続けて巡航中なので業績見通しが肯定的なのは事実だ」と語る。

    株価もまたコロナ19によるパニックにもかかわらずよく守っている。先月20日に場中で71万1000ウォンをつけて52週めで高値を更新し、その後は確定者数が急増して株価が下落を見せたが、2日には66万1000ウォンで取引きを終えて上昇に転じた。先月の4四半期の業績発表後、証券各社が目標価格を上げることもした。 NH投資証券は先月28日、目標を80万ウォンから85万ウォンに上方修正した。
  • 毎日経済_ウ・ヂェユン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2020-03-02 19:31:00