記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
カルチャー > 総合

韓、上場企業の営業利益が昨年よりも17%減少

    • 上場企業の第2四半期実績


    今年の第2四半期の国内上場企業の実績は「コロナ19」の衝撃で、前年同期よりも大きく悪化したことが分かった。コロナ19の直撃を受けた第1四半期よりも小幅で回復したが、パンデミックが再拡散する可能性が浮上しており、第3四半期にも強い反騰を期待することは難しいと予想される。

    19日、韓国取引所(KRX)と韓国上場会社協議会が有価証券市場で12月決算の上場企業592社を対象に、第2四半期の実績(連結財務諸表基準)を分析した結果、売上高は449兆5443億ウォンで前年同期比で12.1%、営業利益は23兆1923億ウォンで16.9%下落した。前四半期と比較すると売上高は8.9%減少したが、営業利益は19.2%増加した。

    業種別に悲喜を分けたのもコロナ19だった。ほとんどの業種で見た目と収益性が悪化した中で、コロナ19の恩恵に分類される医療精密、医薬品、飲食業種は売上高と営業利益がすべて増加した。医療精密と医薬品は売上高がそれぞれ16%と7.2%増加し、営業利益は68.2%と33%急騰した。

    コスダック企業はコロナ19の衝撃を小さく受けたことが分かった。韓国取引所とコスダック協会がコスダック市場の12月決算法人952社を対象に集計した第2四半期の連結売上高は47兆6210億ウォンで、前年同期比で2.4%減少したが、営業利益は3兆18億ウォンで、むしろ3.9%増加したことが分かった。
  • 毎日経済_キム・ギチョル記者/キム・ギュシク記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2020-08-19 21:07:11