記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

旅行

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

「結婚作詞 離婚作曲」シーズン2、センセーショナルで破格の最終回 新たな3組の夫婦が誕生

  • この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレが含まれています。

    • TV CHOSUN

    『結婚作詞 離婚作曲』シーズン2が衝撃的なカップル3組のウェディングマーチでどんでん返しの結末を描いた。

    8日に韓国で放送されたTV CHOSUNの週末ミニシリーズ『結婚作詞 離婚作曲』シーズン2の最終回(16話)はニールセンコリア基準、全国視聴率16.6%、毎分最高17.2%まで跳ね上がり、地上波を含む同時間帯1位を記録した。

    何よりも『結婚作詞 離婚作曲』シーズン2の最終回では不倫カップルがすべてハッピーエンドを迎えて注目された。ソ・ドンマ(プベ)にプロポーズされたナム・ガビン(イム・ヘヨン)はパク・ヘリュン(チョン・ノミン)に別れを告げ、傷ついたパク・ヘリュンはイ・シウン(チョン・スギョン)に離婚当時にしたことを回想して悔恨の涙を流した。

    加えて、罪悪感に駆られたナム・ガビンはイ・シウンのもとを訪ねて嗚咽と謝罪を繰り返す姿を見せた。不倫相手のアミ(ソン・ジイン)と継母キム・ドンミ(キム・ポヨン)の争いに疲弊したシン・ユシン(イ・テゴン)はサ・ピヨン(パク・ジュミ)とソ・バン(ムン・ソンホ)の再婚を考えて嫉妬に包まれ、サ・ピヨンを訪れてジア(パク・ソギョン)の登校運転手と朝食を一緒に食べると言ってサ・ピヨンをあきれさせた。夜中にコンピュータの故障で仕方なくサ・ピヨンがシン・ユシンの助けを要請すると、シン・ユシンは喜んでプレゼントで気を引こうとしたが、サ・ピヨンがアミを呼び出して雰囲気が逆転した。

    一方、駐車場で妊婦を見たプ・ヘリョン(イ・ガリョン)は義両親に記者会見のことを涙で謝罪したが、パン・サヒョン(ソンフン)はプ・ヘリョンに信頼できないと断固とした意志を明らかにした。パン・サヒョンはソン・ウォン(イ・ミニョン)の安産後に病院での略式の結婚式と秋に正式な結婚式をすることを提案し、ソン・ウォンの突然の陣痛にパン家の家族と一緒に病院に向かった。その時刻、ソ・バンが主催した飲み会でソ・バンはサ・ピヨンと楽しく会話したり、イ・シウンが詠んだ詩には関心を見せたが、プ・ヘリョンのドラム演奏には反応しなかった。

    一方、予期せぬ新しい3組の夫婦が登場してお茶の間に衝撃を与えた。白いタキシードのパン・サヒョンとウェディングドレス姿のアミ、白いリムジンから降りるソ・バンとソン・ウォン、同時に入場するサ・ピヨンとソ・ドンマが並んでウェディングマーチを鳴らしたもの。さらに最後には祖父のシン・ギリム(ノ・ジュヒョン)の怨霊に憑依されたジアがおならをして、シン・ユシンにゴルフに行こうと話したり、キム・ドンミに恐ろしい表情で「キム・ドンミ!お前!お前のせいで私は!」と言うと、キム・ドンミが恐怖に包まれる「勧善懲悪」エンディングが描かれて、センセーショナルで破格の最終回が幕を下ろした。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者 | 入力 2021-08-09 08:48:40