記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

旅行

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > Kドラマ

キム・スヒョン&チャ・スンウォン、ドラマ「ある日」の読み合わせ現場の映像が公開

    • Coupang Play

    『ある日』の台本読み合わせ現場が初公開された。

    Coupang PlayのYouTubeチャンネルには8日「『ある日 One Ordinary Day』の初の台本読み合わせ現場、キム・スヒョン&チャ・スンウォン」というタイトルでCoupang Playシリーズ『ある日』の台本読み合わせ現場の映像が掲載された。

    主演を務めたキム・スヒョンは「今まで以上に緊張したが先輩たちがリラックスした現場を作ってくれて気持ちよく読み合わせができた」と初の台本読み合わせに満足した様子だった。

    キム・スヒョンと共に主演で息を合わせるチャ・スンウォンは「さらにドラマの中に入り込んだようだ。素敵なドラマになりそうだ」と作品への情熱を示した。

    ト・ジテ役を演じたキム・ソンギュも「期待しているほど良い作品になると確信している」とドラマに対する自信を示した。

    俳優たちは台本読み合わせの現場で自分の役割に完璧にはまっていく姿を見せて視聴者たちの期待を高めた。

    『ある日』はCoupang Playのシリーズ第1弾だ。一夜の逸脱で平凡な大学生から殺人事件の容疑者になったキム・ヒョンス(キム・スヒョン)と雑犯たちを弁護して暮らす三流弁護士のシン・ジュンハン(チャ・スンウォン)、そして刑務所内の最上位権力者ト・ジテ(キム・ソンギュ)の間で発生する話を描いたハードコア犯罪ドラマだ。今年11月、Coupang Playで公開される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ インターン記者 | 入力 2021-10-12 10:39:33