記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

[ザ・ソウルアワード] ドラマ部門受賞者一覧…チソン&パク・ボヨンが主演賞

    「第1回ザ・ソウルアワード」ドラマ部門ではtvN『秘密の森』が大賞を受賞した。

    27日午後、ソウル慶煕大学平和の殿堂では「第1回ザ・ソウルアワード」が開かれた。この日の司会はキム・アジュンとチョン・ヒョンムが引き受けた。「ザ・ソウルアワード」では、ドラマと映画の各部門で一作品ずつが受賞した。

    ドラマ部門大賞はtvN『秘密の森』が栄光を手にした。候補にはtvN『秘密の森』、KBS2『サム、マイウェイ』、MBC『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』、JTBC『品位のある彼女』、SBS『被告人』など計5作品が競争を繰り広げた。

    ドラマ部門主演男優賞候補には、KBS『キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~』ナムグン・ミン、MBC『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』ユン・ギュンサン、tvN『秘密の森』チョ・スンウ、SBS『被告人』チソンがノミネートされた。ドラマ部門主演女優賞候補にはtvN『医心伝心 ~脈あり!恋あり?~』キム・アジュン、JTBC『品位のある彼女』キム・ヒソン、JTBC『力の強い女ト・ボンスン』パク・ポヨン、SBS『耳打ち』イ・ボヨンが上がった。

    そうそうたる候補を抑えて『被告人』で主演男優賞を受賞したチソンは「『被告人』は明るく愉快なドラマではなかった。暗いドラマを作りながら意味のあるドラマを作ろうと努力した。子役俳優の前で良くない演技をするときは、『何のために演技をするか』と悩んだし、今も同じだ。最近、恐ろしい事件がたくさん起きている。ドラマを通じて健康な社会を作っていけたら嬉しい」と述べた。

    『力の強い女ト・ボンスン』で主演女優賞を受けたパク・ポヨンは受賞直後、涙を浮かべて言葉を詰まらせた。彼女は「ドラマが多くの部分を扱った。私がとても狭い視野を持っている人だということを悟り、勉強もたくさんした」と述べた。続いて「この前、キム・ヘスク先輩に会って『俳優という職業は人間を表現するものだが、私たちがまずは人間になるべきではないか』という言葉をいただいた。演技する俳優である前に良い人間として良い姿をお見せできるように努力したい」という所感を伝えた。

    ドラマ部門助演男優賞には、tvN『シカゴ・タイプライター』コ・ギョンピョ、MBC『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』キム・ジソク、KBS2『サム、マイウェイ』アン・ジェホン、JTBC『品位のある彼女』チョン・サンフン、助演女優賞候補にはSBS『被告人』、JTBC『品位のある彼女』ソ・ジョンヨン、KBS2『サム、マイウェイ』ソン・ハユン、MBC『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』イ・ハニ、KBS2『父さんが変』チョン・ソミンが名前を上げた。

    その結果、助演男優賞には『品位のある彼女』チョン・サンフンが、助演女優賞には『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』のイ・ハニが受賞の栄誉に輝いた。

    新人賞には『被告人』のキム・ミンソク、『君主〜仮面の主人〜』ユン・ソヒが受賞し、国民の審査委員が参加した意味を加えてWanna Oneが『Pick Me』で祝賀舞台を飾​​った。

    「ザ・ソウルアワード」は先に100%の国内外のモバイルファン投票によって男女各2人ずつ計4人の人気賞受賞者を選定し、その結果に基づいてドラマ部門『力の強い女ト・ボンス』パク・ヒョンシク、『学校2017』キム・セジョン、映画部門『不汗党』イム・シワン、『共助』ユナが人気賞の栄誉を抱いた。

    ▶以下、第1回ザ・ソウルアワード受賞者(作)

    ドラマ部門

    大賞:tvN『秘密の森』

    主演男優賞:チソン( 『被告人』)

    主演女優賞:パク・ポヨン(『力の強い女ト・ボンスン』)

    助演男優賞:チョン・サンフン(『品位のある彼女』)

    助演女優賞:イ・ハニ(『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』』)

    男優新人賞:キム・ミンソク(『被告人』)

    女優新人賞:ユン・ソヒ(『君主〜仮面の主人〜』」)

    人気賞:パク・ヒョンシク、キム・セジョン、イム・シワン、ユナ
  • 毎経ドットコム MKスポーツ シン・ヨンギョン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2017-10-27 21:41:48