記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

旅行

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

KARA解散後、過食症に…ホ・ヨンジ「大量のパンやお菓子を買い、泣きながら食べた」

    KARA出身のホ・ヨンジが過食症を経験したと明らかにした。

    昨日(28日)、放送されたSBS教養番組『SBSスペシャル』では「アイドルが生きる世の中 - 舞台が終わって」編で前職、現役アイドルの過去と現在を紹介した。

    昨日(28日)の放送でホ・ヨンジはKARAの解散に対して「怖いというよりも『どうしたらいいんだろう?』と思った。私が今、できることは何だろうと考えた。KARAのメンバーと一緒にいると、保護される感じがして何でもできるように思えた。でも、私が1人で舞台に立つことができるのだろうかと思った」と明らかにした。

    続いて「KARAが解散してしばらくの間、『メンブン(メンタル崩壊)』が来た。過食症になった。その時は本当にたくさん食べた」とし「私がどうだったかというと、マネージャーと宿舎生活をしている時だったが、ずっと何かを食べたいのに食べると怒られるから雨が降っているのに傘もささずにコンビニに行ってパンやお菓子を片っ端から買って宿所に帰った。そして『サクッ』という食べる音がしたらいけないので宿所で口の中に入れて溶かして食べた。泣きながら食べた」と過食症だった当時を回想した。

    一方、ホ・ヨンジはKARAとして2014年にデビューし、2016年にKARAが解散しソロ歌手として活動を続けている。
  • MBNオンラインニュースチーム / 写真=『SBSスペシャル』 | (C) mk.co.kr | 入力 2018-10-29 10:32:00