記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

S.E.Sのシュー、保証金を返せない報道に「入居者のために努力をしている」

    元S.E.S.のシュー(本名:ユ・スヨン、38)が賭博及び借金の仮差し押さえによって賃借人に被害を与えているという報道について「問題を解決するために努力中」と立場を明らかにした。しかし、仮差し押さえの当事者である債権者のパクさんが、「シューが伝貰金(チョンセ、一定の保証金を預けて家を借りる制度)を返済する借名財産があるが、返済していない」と主張し、波紋を呼ぶことが予想される。

    ビューアーズは17日、「パクさんがシューの仮差し押さえで伝貰金を受け取ることができず、苦しんでいる借家人のために、彼女の借名財産に関する情報を共有すると言った」と報じた。パクさんは、このメディアを通じて「シューが刑事事件で、母親の名前になっている自分の借名財産の登記簿謄本を出しており、一部の不動産に対しては、虚偽の根抵当権の事実を自ら明らかにしたりもした」と主張した。

    賃貸人の被害は今月16日に放送されたMBC『ニュースデスク』で明らかになった。シューに賭博資金を貸した債権者が、シューが所有している京畿道(キョンギド)華城市(ファソンシ)鎭安洞(チンアンドン)の多世帯住宅に仮差し押さえをかけ、賃貸者たちが伝貰保証金を受け取れず、困っているという。

    賃貸人のキムさんは「9200万ウォンを銀行から融資を受け、保証金として1億1500万ウォンをシューに渡した。しかし、伝貰の契約満了が差し迫っているにもかかわらず、シューが1億ウォンあまりの伝貰保証金を支払うことはできないと一方的に通知した。来月、伝貰契約が終了すれば、直ちに信用不良者になる」と悔しさを吐露した。

    これについてシューは公式立場を通じて「私が一方的な通知をしたとして問題を解決する意志が全くないように扱われた報道内容に対しては遺憾に思う」とし「事実とは違う推測による報道はどうか自制してほしい。今まで問題を解決するために努力し、賃借人の方が大きな被害を受けないように最善を尽くして努力している」と釈明した。

    しかし、シューが伝貰保証金を返済できる借名財産を持っているという主張が提起され、真実攻防が行われるものと予想される。

    一方、シューは2016年8月から2018年5月にかけて、マカオなどで約7億9000万ウォン規模の賭博を常習的に行ったとして、裁判にかけられた。

    今年2月、ソウル東部地裁刑事11単独はシューに懲役6か月、執行猶予2年、社会奉仕80時間を命じた。

    この過程でシューが2017年、米ラスベガスのカジノでパクさんから4億ウォンほど借りた事実も明らかになった。債権者のパクさんはシューからお金をもらえないと、ソウル中央地裁に3億5000万ウォンの返済を要求する貸与金請求訴訟を起こした。シューは京畿道華城市の建物を仮差し押さえされた状態だ。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ イ・ダギョム記者 | 入力 2020-03-17 18:07:32