記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > K-POP

BLACKPINK『DDU-DU DDU-DU』MVの再生回数がグループ初の11億回を突破

    BLACKPINKが『DDU-DU DDU-DU』のミュージックビデオで再生回数11億回というKポップグループ初の大記録を打ち立てた。

    BLACKPINKの『DDU-DU DDU-DU』のミュージックビデオが24日の午後12時頃、YouTubeの再生回数11億回を突破した。Kポップの男女グループを合わせても初めての記録であり、公開されてから約1年9か月にしての記録だ。

    『DDU-DU DDU-DU』のミュージックビデオは、わずか4か月前に10億回の新記録を立てたのに続き、今回もまた新記録を打ち立て、グローバルファンの愛情を証明した。

    歌の人気が依然として現在進行形という点で、より大きな意味がある。

    『DDU-DU DDU-DU』は、BLACKPINKの2018年初のミニアルバム『SQUARE UP』のタイトル曲である。両手でピストルを撃つようなパフォーマンスがポイント。ファンによるカバーダンスブームが起こり、同年「世界で最も多く見たKポップのミュージックビデオ」というアンケートで1位になった。

    ミュージックビデオだけでなく、音楽的な成果も目立った。『DDU-DU DDU-DU』は発売と同時に韓国の音源チャートのトップを総なめにしたのはもちろん海外音楽市場まで襲った。特に、ビルボードのメインチャートである「ビルボード200」と「HOT10」でそれぞれ40位と55位になり、当時、韓国ガールズグループの歴代最高順位を記録した。

    また『DDU-DU DDU-DU』を通じてBLACK PINKは、K-POPガールグループで初めて米国レコード産業協会(RIAA)ゴールドに認められた。

    BLACKPINKは『DDU-DU DDU-DU』のミュージックビデオのほかにも、『BOOMBAYAH』(8億回)、『AS IF IT'S YOUR LAST』、『Kill This Love』(7億回)、『PLAYING WITH FIRE 』、『WHISTLE』、『SHOLO』(4億回)、『STAY』(1億回)の8本のミュージックビデオをはじめ、振り付け映像や音楽放送映像など計18本の再生回数億台を誇る映像を保有するYouTubeクイーンだ。

    K-POPガールズグループとしては初めてYouTube「ダイヤモンド・クリエイター・アワード」(チャンネル登録者1000万人)に名前を載せたBLACKPINKは現在、国内グループ単一チャンネル最多の3千390万人のチャンネル登録者を確保している。

    新記録は続いている。BLACKPINKは昨年発表した『Kill This Love』で、すでに『DDU-DU DDU-DU』が立てたすべての成果を1つずつ更新している。

    4大陸23都市で32回のワールドツアーと日本3都市で4回ドームツアーまで成功裏に終え、名実共にグローバルトップガールズグループとして位置づけられたBLACKPINKのカムバックと、新しいアルバムに寄せられた期待がさらに高まっている。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ パク・セヨン記者 | 入力 2020-03-24 12:35:47