記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

キム・ウビン&キム・テリ&リュ・ジュンヨル、出演映画の撮影スタート

    チェ・ドンフン監督の新作『エイリアン』(仮題)が撮影に突入した。

    30日、韓国の映画界によるとチェ・ドンフン監督をはじめとする俳優たち、スタッフなどは去る28日からセット場で『エイリアン』の撮影を開始した。

    『エイリアン』は韓国人の若者たちが主人公で、エイリアンが主な素材の一つとして登場、「神と共に」シリーズと同様に1・2部同時に制作されて順次公開される。

    リュ・ジュンヨルとキム・テリが1部と2部の両方に登場する主人公で、キム・ウビン、チョ・ウジン、キム・ウイソン、ヨム・ジョンア、ソ・ジソブ、ユ・ジェミョンなどが加勢する。

    当初『エイリアン』は今月中旬から撮影に突入する予定だったが、新型コロナウイルスの影響でクランクインが延期されていた。

    チェ・ドンフン監督は2015年の『暗殺』後、2017年に『盗聴』を次期作として決めていたが、撮影前にキム・ウビンの健康悪化のニュースを知り、『盗聴』の制作を無期限で延期した。

    2年後、チェ・ドンフン監督は本格的に『エイリアン』の準備に突入して豪華なラインナップを決定、撮影をスタートさせることとなった。『エイリアン』1部は2021年の夏の公開を目標にしている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者 | 入力 2020-03-30 09:21:07