記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

「脱税疑惑」チャン・グンソクの母親の裁判が延期に

    数十億ウォン台の所得を過少申告して脱税した容疑で起訴された俳優チャン・グンソクの母親の最初の裁判が延期された。

    ソウル中央地裁刑事合意25-3部(部長判事クォン・ソンス、キム・ソンヒ、イム・ジョンヨプ)は26日、特定犯罪加重処罰などに関する法律違反租税などで起訴されたチョンさん(60)の初公判期日を進行した。

    チョンさんは息子で所属芸能人だったチャン・グンソクが海外活動を通じて得た収入を香港などで引き出したり使用したりすることにより数十億ウォン台の所得を過少申告して脱税した疑いを受けている。両罰規定に基づいてTree J Companyも起訴された。

    チョンさん側の弁護人は容疑への認否意見について「記録量が膨大で欠点を把握するための証拠関係を十分に把握できずにいる状態」とし「今の状態ですぐに認否をするのは適切ではないと考え、一期日だけさらにいただければ整理する」と述べた。また、チョンさん側の弁護人は7月初めに開かれる行政裁判後に期日を開くようにしてほしいと要請した。

    裁判部は「この事件がすでに2カ月経つあいだ、認否も確認しなかったのは裁判の遅延」と指摘した。

    弁護人に来月15日までに意見書を提出するよう命令した。次の公判は7月7日に開かれる予定だ。

    一方、チャン・グンソクは去る2018年7月16日、4級兵役判定を受けて社会服務要員として服務中だ。もうすぐ招集解除を控えている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者 | 入力 2020-05-26 14:13:01