記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

カン・ドンウォン主演「半島」韓国で7月公開 「新感染」の4年後

    映画『半島』(監督ヨン・サンホ)が韓国で7月の公開を確定して、公式シノプシスを公開した。

    映画配給会社NEWは1日、『半島』の7月公開のニュースと一緒に映画のより大きくなったスケールと緊迫したストーリーが込められた公式シノプシスを公開した。 『半島』は『新感染 ファイナル・エクスプレス』の4年後、廃墟となった地に残された者たちが繰り広げる最後の死闘を描いたアクションブロックバスター映画だ。

    公開されたシノプシスは廃墟となった土地に戻ってきたジョンソク(カン・ドンウォン)と、国全体を襲った災害から生き延びた別の生存者たちの存在を明らかにする。

    人間性を喪失した631部隊で何が起こっているのか、絶体絶命の瞬間にジョンソクを危機から救ってくれたミンジョン(イ・ジョンヒョン)家族は4年間、どのように生き残ることができたのかなどの話が公開されるたびに作品に対する好奇心が膨らむ。

    前代未聞の災害から4年、廃墟となった土地の主人となって、さらに巨大になったゾンビ軍団と戦うために戻ってきた者と生き残った者、狂った者の必死の死闘がどのように描かれるのか注目が集まっている。

    一方、走るKTX(高速鉄道)から広大な都心へと舞台を拡大させた『半島』は『新感染 ファイナル・エクスプレス』を超えるスケールで制作前から大きな関心を集めた。休む暇もなく展開されるストーリーとスピード感あふれるアクション、廃墟と化した街の強烈なミジャンセンが醸し出すシナジーはこれまで見たことのないアクションブロックバスターの誕生を予告して期待を高める。

    ローンチポスターから最初のスチール、1次トレーラーなど、新しい画像を公開するたびに全世界の映画ファンたちの爆発的な呼応を呼び起こし、今年の夏最高の期待作として注目されている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者 | 入力 2020-06-01 08:50:37