記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

シン・ヘソン&ペ・ジョンオク『潔白』が10日に公開…「夢のようだ」

    女優のペ・ジョンオクとシン・ヘソンの熱演が目立つ『潔白』が10日に観客と出会う。

    ホ・ジュノは4日の午後、ソウル龍山区(ヨンサング)CGV龍山アイパークモールで開かれた映画『潔白』のメディア配給試写会および記者懇談会で「『潔白』を見て、シン・ヘソンとペ・ジョンオク2人のファンになった」と話した。

    続いて「観客の方々に自信を持って2人の俳優の熱演を見逃さないようにと推薦したい。今もその感動が消えない。とても楽しかった」と述べた。

    それとともに「この映画に出演させてくれたことに感謝している。防疫や社会的距離を置く状況で慎重ではあるが、観客に劇場も訪れてほしい」と話した。

    今回の映画でスクリーン初主演を演じたシン・ヘソンは「信じられない。 夢のようだ」と感想を打ち明け、笑いを誘った。

    老人の扮装で苦労したというペ・ジョンオクは「老人役の扮装に2~3時間かかった。最初は大変だったが、後に変わるのを見て、キャラクターにハマる時間になった」と話した。

    続いて「扮装が目立ってしまわないように何度も祈った。その老人が私という女優に任せられたのではなく、その人物自体で魅了しようとした」と話した。

    それとともに「扮装中キャラクターを理解し、彼女の生活の中に入ろうという想像をたくさんした。扮装して出てきたと言われたくなかった」と付け加えた。

    パク・サンヒョン監督は「一日も早くこの状況が正常化することを望むだけ」とし「今日公開された『侵入者』と韓国映画『潔白』、『消えた時間』と『#生きている』がすべて6月に公開されるが、すべて観客に見てもらいたい」とライバル作品とのウィンウィンを祈願した。

    それとともに「かなり前から女性キャラクターが主体となる新しい形の追跡劇を作りたかった。緊張感を逃さず、多彩なエネルギーを表現しようとした。ジャンル的に緊張感をきめ細かく扱い、映画的な面白さも生かしたかった」と愛情を示した。

    『潔白』は父親の葬式場で起きたマッコリ農薬殺人事件、記憶を失ったまま殺人事件の容疑者になった母親のファジャ(ベ・ジョンオク)の潔白を明かそうとする弁護士ジョンイン(シン・ヘソン)がチュ市長(ホ・ジュンホ)と村人たちが隠そうとした醜い真実を暴いていく過程を描いた無罪立証追跡劇だ。10日に公開される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ ハン・ヒョンジョン記者 | 入力 2020-06-04 17:00:38