記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

シン・ヘソン&キム・ジョンヒョン、コメディ時代劇「哲仁王后」出演決定

    シン・ヘソン、キム・ジョンヒョン、ペ・ジョンオク、キム・テウが『哲仁王后』への出演を確定した。

    tvNの新しいドラマ『哲仁王后』は現代を生きる自由人チャン・ボンファンの魂が朝鮮時代の宮廷の中、王妃キム・ソヨンの体の中に閉じ込められるフュージョンコメディ時代劇だ。

    青瓦台(大統領府)のシェフから哲仁王后へと生まれ変わったチャン・ボンファンと哲宗(チョルジョン)の爽快な宮廷生存記が笑いとときめきを刺激する。『花郎<ファラン>』、『王の顔』、『カクシタル』などを演出したユン・ソンシク監督と『ドクター・プリズナー』、『感激時代~闘神の誕生』のパク・ゲオク作家、映画『6年目も恋愛中』を執筆したチェ・アイル作家が意気投合し、新しい次元のフュージョンコメディ時代劇の誕生を期待させる。

    何よりも完成度を担保するシン・ヘソン、キム・ジョンヒョン、ペ・ジョンオク、キム・テウの組み合わせが期待させる。青瓦台のシェフ、チャン・ボンファンの魂が込められた王妃キム・ソヨン役はシン・ヘソンが引き受けた。しっかりとした演技で自分だけのカラーを構築してきたシン・ヘソンが男の魂に入れ替わった王妃の変化に富んだ姿をダイナミックに表現する。特に、シン・ヘソンのデビュー後初の時代劇挑戦という点も期待を集める部分。

    ユニークな魅力を誇るキム・ジョンヒョンは秘密の多い哲宗を演じる。見かけはおとなしくて弱そでかかしのような王だが、強い内面を持ったギャップの持ち主だ。キム・ジョンヒョンは優しい微笑の中に鋭さを秘めた哲宗の姿を時には真剣に、時にはコミカルに演じて魅力を最大化する見込み。

    説明のいらないペ・ジョンオクとキム・テウの出会いも期待させる。ペ・ジョンオクは宮中、実際の権力を持つ純元王后を、キム・テウは純元王后の弟であり権力欲が強い金左根(キム・ジャグン)役を引き受けて重心をとる。愉快な笑いの中で緊張感を調整する2人の呼吸にも期待が集まっている。

    『哲仁王后』の制作陣は「独特の素材と同じくらい、キャラクターの魅力が重要な作品だ。自分だけのカラーがはっきりしている俳優たちがキャラクターの魅力を最大限に生かすだろう」とし「完全に新しいフュージョン時代コメディの魅力を感じることができる。期待してほしい」と伝えた。

    一方、『哲仁王后』はtvNで放送予定であり、編成時期を調整している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者 / 写真=YNKエンターテイメント、ONエンターテイメント、J,WIDEカンパニー | 入力 2020-06-05 09:41:16