記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

ダンスに誠意がない? 指摘にSF9ダウォンが謝罪

    SF9のダウォンが「リレーダンス」で見せた態度に対する指摘に謝罪した。

    ダウォンは去る13日午後、「リレーダンスについて様々な意見があった」とインスタグラムのライブ配信を行った。

    ダウォンは「私が代表ではないが、一言お伝えするべきだと思った」とし「私がコンテンツの解釈を誤った部分がある。この点について皆さんがとても残念がっているようなのでお話する。皆さんがおっしゃたことは正しい。他の見ている方々が不快に思う可能性がある。次からは趣旨に合わせて、それぞれのコンテンツごとに熱心に臨む姿をお見せする」と謝罪した。

    続いて「広い雅量をお見せいただきたい」とし「私が指摘を受けるべき部分に対しては確実に指摘を受けるべきだと考えている。私がこの作業自体に何度も経験があるのわけではないので、皆さんが広い雅量で理解して頂けたら、少しずつ整えられていく姿をお見せしたい」と重ねて謝罪した。

    これと共に「皆さんもあまりにも悪く思わないでほしい。もっと頑張るのでたくさん応援してほしい。心から反省する」と付け加えた。

    先立ってSF9は12日、デジタルスタジオM2のYouTubeチャンネルを通じて新曲のリレーダンスコンテンツが公開されたことによりオンラインコミュニティで物議になった。リレーダンスはアイドルグループが振り付けのフォーメーションではなく、一列に立ってリレーでダンスを踊るM2の代表ダンスコンテンツだ。このなかでダウォンは際立って振り付けを適当に踊っていると一部のネットユーザーから指摘を受けていた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者 | 入力 2020-07-14 11:20:14