記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

サム・オキア、議政府高校の卒業写真に不快感 ネット上では賛否両論

    ガーナ出身で韓国で活躍するタレントのサム・オチュリが議政府高校の卒業写真のなかに黒塗りメイクが登場したことに対して不快感を吐露した中で、ネットではサム・オチュリのSNS公開批判に対する賛否両論の議論が続いている。

    サム・オチュリは6日、SNSに「2020年にこのようなものを見るとは残念で悲しい。面白くない」というコメントと一緒に議政府高校の卒業写真のうち「棺桶ダンサーズ」をパロディにした写真を投稿した。

    サム・オチュリは「私たち黒人の立場からは非常に不快な行動だ。お願いだからやめてほしい。文化を真似することは分かるけど、わざわざ色まで塗るべき?」と批判した。

    続いて「韓国からこのような行動がなくなってくれたらと思う。お互いの文化を尊重することが最も良い。そして機会があれば一度話したい」と付け加えた。

    先立って毎年卒業写真で話題を集める議政府高校は3日、公式フェイスブックに学生の卒業写真を公開した。この中で、サム・オチュリは「棺桶ダンサーズ」の写真を批判した。韓国では「防弾少年団」と「クァンチャク(棺桶)」を合わせて「クァンチャク少年団」と呼ばれており、ガーナ独特の葬儀文化がオンライン上で話題になって様々なパロディが生まれている。ガーナでは葬儀を行うさいに明るい音楽を流して踊りを踊るなどして雰囲気が盛り上がってこそ、故人が良い場所に行くことができると信じられている。

    議政府高校の学生5人は顔を黒く塗ってサングラスをかけ、ガーナの葬儀風習を真似している。写真が公開された後、顔を黒く塗った「ブラック・フェイス(black face)」扮装が人種差別的要素を含んでいるという批判の声が上がった。

    サム・オチュリのコメントが公開されると、共感するという意見もあれば、一部ではSNSを通じて学生の写真を公開したサム・オチュリの行動を残念がっている。特にサム・オチュリが英語で投稿したコメントには「無知」という意味の「ignorance」という言葉が入っており、不快だという指摘も出ている状況。

    これに加えてサム・オチュリが過去にテレビ番組で指で目を吊り上げる表情の映像が再び注目を集めたりもした。サム・オチュリはネットユーザーの賛否が続くと、SNSアカウントのコメント欄を閉じた。

  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者 | 入力 2020-08-07 07:27:16