記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

VIXXホンビン、ネット放送での失言騒動から3か月ぶりに復帰を予告

    アイドルグループを卑下する発言で物議を醸した後、芸能活動を中止したグループVIXXのメンバー、ホンビン(本名:イ・ホンビン、27)が復帰を予告した。

    ホンビンは3日、Twitter(個人放送チャンネル)のストリーマーたちがコメントを掲載するあるコミュニティに「僕は家にばかりいたので、転がることができそうだ。また一緒にゲームをしながら、笑って騒ぐことができる面白い配信がしたいと思った」と始めた。

    続いて「配信を休んでいる間、多くの大きな変化があった。まだ適応中なのでバタバタしている。これからの配信もどのような変化があるかはまだ分からないけれど、以前のように気楽に見て、笑って騒ぐことができる配信をちゃんと作ってみようと思う。

    とても未熟で、まださまよっている姿が見えるかもしれないが、面白く一緒に楽しむことができる配信になるようにもっと努力する。大変お待たせして申し訳ない」と復帰を予告した。

    ホンビンは3月1日未明、個人放送1周年を迎え「飲酒放送」を進行した。放送途中、ホンビンはSHINee、EXO、INFINITE、Red Velvetなど先輩後輩アイドルグループの歌と舞台を過激な発言で卑下し、視聴者に指で罵るポーズをするなど軽率な行動で波紋を呼んだ。

    これに対しホンビンは数時間後に個人放送を再開し「卑下しようとしたのではないが、一部分だけ見れば問題になる。申し訳ない」と謝罪した。しかし「チームから出て行けと言われたら出る。息をするのもうまくすべきだったのに。私はもともと放送していた通りにやっていたのに、それが問題になった。怖い」などの発言で波紋をさらに拡大させた。

    これに対しホンビンは同日午後、自身のインスタグラムに「私の間違った言動によって傷つけられたアーティストの方々とアーティストファンの方々に心からお詫び申し上げる。VIXXのメンバーの方々とファンの方々にも ご心配をおかけして申し訳ない。 弁解の余地もなく、どんな理由であれ深く考えず、軽率な行動に対しても深く反省する」と謝罪文を再度掲載した。

    また、ホンビンの所属事務所Jellyfishエンターテインメントは公式謝罪文を公開し、ホンビンと同じグループメンバーのVIXXのレオとラビもホンビンの代わりに謝罪の意を明らかにした。

    ホンビンはその後、自身のTwitterチャンネルの掲示板に「今後、ゲーム放送は自分のミスについて反省し、今後の動向が決まるまで放送しないのが正しいと判断した」とし、個人放送を暫定的に中断すると伝えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 | 入力 2020-08-07 09:48:42