記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > スターニュース

カン・ダニエル「学費が高くて芸術高校を1年生で自主退学した」

    歌手のカン・ダニエルが高い学費のため芸術高校を退学したと告白した。

    7日に放送されたKBS2『ユ・ヒヨルのスケッチブック』には、サンドゥル、カン・ダニエル、サイロ(415)が出演した。

    3日に2ndミニアルバム『MAGENTA』を発表したカン・ダニエルは、デビュー前のエピソードからニューアルバムの紹介まで多彩な話をした。

    カン・ダニエルは「私立芸術高校の現代舞踊科を1年で退学した」とし「バレエに興味もわいたが、私立だったので学費が高すぎた。

    退学してすぐ高卒認定試験を受けた」と明らかにした。

    その後、高卒認定試験を受けてソウルに来たというカン・ダニエルは「家が豊かではなく、月17万ウォンの考試院で1年8か月暮らした」と告白し「親がくれたお小遣いを節約して暮らした」と打ち明けた。

    カン・ダニエルは「20歳の時にすぐ軍隊に行こうと思ったが、志願者が多くて入隊も容易ではなかった」とし「途中で脱落すれば自分の道ではないようだ」ときっぱりと整理するつもりだった。最後の頼みの綱だった」とし『PRODUCE 101』シーズン2に志願した理由を説明した。

    芸能所属事務所の代表になったカン·ダニエルは「今はツナ缶も思う存分食べられる。釜山に行って母の服を買ってあげたり一緒にデートもした」とし「母はとても幸せで私は母が使ってくれた痕跡を見ると感動する」と話した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 | 入力 2020-08-08 09:55:53