記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

「サイコだけど大丈夫」放送終了 ソ・イェジの魅力を再発見

    女優のソ・イェジが『サイコだけど大丈夫』で自分の立場を強固にした。

    tvNの土日ドラマ『サイコだけど大丈夫』(脚本:チョヨン、演出:パク・シヌ)は、厳しい人生の重みで愛を拒否する精神病棟保護司ムン・ガンテ(キム・スヒョン)と生まれつきの障害で愛を知らない童話作家コ・ムニョン(ソ・イェジ)が互いの傷を癒やしていく一編のファンタジー童話のようなヒーリングロマンスドラマ。

    『サイコだけど大丈夫』はキム・スヒョンの除隊後の復帰作として放送前から話題を集めた。『太陽を抱く月』、『星から来たあなた』、『プロデューサー』など多数の作品で主演を務め「代表韓流スター」として人気を博したキム・スヒョンは、KBS2『プロデューサー』(2015)以降5年ぶりにドラマに出演することになった。

    しかし、ふたを開けてみた『サイコだけど大丈夫』の最高の観戦ポイントはソ・イェジだった。

    ソ・イェジが演じたコ・ムニョンは、「児童文学界の女王」として、子供から大人まで幅広いファン層を抱えているほど人気が高いが、反社会的な思想を持つギャップを持つキャラクターだ。

    ソ・イェジは魅惑的だが、衝動的で、爽やかなコ・ムニョンのキャラクターを繊細な表情演技と魅力的な低温の声で表現し、コ・ムニョンを生き生きとした人物に仕上げた。これまで見たことのない独特な女性主人公キャラクターの出演に、視聴者は歓声を上げた。

    特に、ソ・イェジのスタイリングは毎回話題を集めた。ソ・イェジのウエストラインを強調したツーピースのスタイリングに、「ソ・イェジのウエスト」が主要ポータルサイトの検索ワードに選ばれたほどだ。この他に、ソ・イェジが着用した衣装とアクセサリーに関心が集中した。

    ソ・イェジはこれまで、映画『量子物理学』、『ワーニング その映画を観るな』、ドラマ『無法弁護士〜最高のパートナー』、『君を守りたい ~SAVE ME~』など、映画とドラマを行き来しながら演技力を立証してきた。

    フィルモグラフィーを積んできたのだ。『サイコだけど大丈夫』で自分の真価を立証したソ・イェジの次の歩みがもっと期待される。

    一方、『サイコだけど大丈夫』の次のドラマはチョ・スンウ、ペ・ドゥナ、チョン・ヘジン、チェ・ムソン、イ・ジュニョク、ユン・セア主演の『秘密の森2』が放送される。『秘密の森2』は15日の土曜日の夜9時から放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 | 入力 2020-08-10 07:01:01