記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

「スノーピアサー」のコ・アソン、キーイーストと専属契約

    女優コ・アソンがキーイーストと専属契約を締結した。

    去る7日、キーイーストのマネジメント部門代表イ・ヨヌ理事は「子役から始めてしっかりとした演技力を土台に実力派俳優へと成長したコ・アソンがキーイーストに合流することになった」と明らかにした。続いて「コ・アソンの演技がさらに輝くよう、より広い領域で全面的な支援を惜しまない」と付け加えた。

    コ・アソンは2006年の映画『グエムル-漢江の怪物-』で代替不可能な存在感でスクリーンデビューした後、『スノーピアサー』、『優しい嘘』、『オフィス 檻の中の群狼』などジャンルを問わず作品ごとに深みのある演技を繰り広げて映画界を代表する俳優となった。

    また、『ドラゴン桜〈韓国版〉』、『風の便りに聞きましたけど!?』、『自己発光オフィス ~拝啓 運命の女神さま!~』、『ライフ・オン・マーズ』などのドラマを通じても存在感を発揮し視聴者を魅了する演技を披露した。

    一方、コ・アソンは、映画『サムジングループ 英語TOEIC班』(監督イ・ジョンピル)の撮影を終えて公開を控えている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 | 入力 2020-09-08 08:22:38