記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

イ・ジュンギ、「悪の花」の最終回を控えて挨拶

    俳優のイ・ジュンギが『悪の花』の最終回を控えてスタッフやファンへの感謝を表した。

    イ・ジュンギは20日、自分のインスタグラムにドラマの最後の撮影現場で撮った数枚の写真と共に、放送終了の感想を盛り込んだコメントを掲載した。

    イ・ジュンギは「7か月間大変そうなそぶりも見せずに僕のそばを守ってくれた愛するスタッフ、僕の家族たち本当にお疲れ様。 最後の撮影だと密かに作ってくれた真心に涙が出た。僕は幸せだ、そばにはいつもいい人たちがいると改めて感謝し、もっといい人として生きていかなければならない」と感想を伝えた。

    イ・ジュンギは「最後の撮影まで応援してくださり「私の俳優は本当にいい」と叫んでくださるファンの皆さん、本当にありがとうございます。

    皆さんがいるから、 僕は幸せになるしかありません。元気が出ます。そして監督をはじめ、すべてのスタッフ、本当にありがとうございます。来週の最終回までご覧ください。愛してます」と感謝の意を伝えた。

    一方、イ・ジュンギはtvN『悪の花』で熱演し演技派俳優であることを立証した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 | 入力 2020-09-20 09:45:47