記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

キム・ユジョン、Awesome Entと専属契約を締結

    女優のキム・ユジョンがAwesome Entと専属契約を締結し新たに跳躍する。

    2003年、広告モデルとしてデビュー後、着々と誠実に演技活動を続けてきたキム・ユジョンは、21歳の今年、すでに名前自体が一つのブランドになった女優に成長した。2005年、映画『私の生涯で最も美しい一週間』で初主演を果たし、その後ドラマ『九尾狐伝~愛と哀しみの母』、『太陽を抱く月』、『雲が描いた月明かり』などの作品で誰かの子役ではなく、主演女優として成人演技者たちと共演し特別な存在感を示した。

    最近、放送を終えた『コンビニのセッピョル』では「キム・ユジョン以外のチョン・セッピョルは想像できない」という評価を受けるほど印象深い演技を披露した。

    ときめきを刺激するロマンスから、型破りな演技と面白い台詞にアクションまで幅広い演技力で女優の真価を十分に立証した。

    23日、Awesome Entのヤン・グンファン代表は「キム・ユジョンは多彩な感情を卓越に表現する20代の代表女優」とし「これまで築いてきた信頼を基に国内外でさらに活発な活動を続けられるようサポートする心強い支援軍でありパートナーになる」と伝えた。

    昨年、カカオMの子会社に編入されマネージメント事業のみならずコンテンツ事業の力量強化の足がかりを作ったAwesome Entには、パク・ソジュンやハン・ジヘ、イ・ヒョヌなど、トップクラスの役者たちが所属している。最近は『賢い医師生活』のペ・ヒョンソン、『ミス・リーは知っている』キム・ドワンなど注目される新人たちを主演俳優に浮上させ、マネージメントラインナップを一層強化した。これに対し、キム・ユジョンと手を組んだAwesome Entが見せる新しい動きにも期待が集まっている。

    キム・ユジョンは『コンビニのセッピョル』終了後、休養中で次回作を検討している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 | 入力 2020-09-23 11:17:02